無印、ユニクロ…お手頃ブランドを上品に! 「チープに見せない、コーデテク」ベスト3

ライフスタイル

2015/3/14

 アメーバブログ「ファッション」「プチプラ」部門で1位、主婦やママに大人気のブロガー・のりこさん。3月13日には、初の著書『365日のプチプラコーデ 色合わせ、着回しを楽しむ、大人の上品カジュアル』が発売されます。本書では、無印、ユニクロ、ZARAなど人気のお手頃ブランドを使った春夏秋冬のコーディネート250スタイルを紹介。さらに、チープに見えないカラー使い、おすすめアイテムなど、プチプラを上手に着こなすテクニックが満載。そこで今回は、本書からこの春おすすめの「チープに見せない、コーデテク」ベスト3と、1年中使える「おすすめコーデ」を紹介します!

おすすめ1位 (無印良品+ユニクロ)

スウェットトップスとデニムパンツはユニクロ、インナーのタンクトップは無印良品。スウェットなどの超カジュアルなアイテムも、全身をモノトーンのグラデーションで揃えるときれいにまとまります。さらに小物でクラス感をプラス。グレー、ベージュなどのストールはプチプラコーデにこなれ感を加えてくれるので、何枚かもっておくと便利です。

おすすめ2位 (無印良品+ユニクロ)

ニットとタンクトップは無印良品、デニムパンツはユニクロ。無印のあぜ編みニットは、多色買いしてしまうほど、この冬~春にかけてのヘビロテアイテム。こういうベーシックアイテムに、タンクトップをチラ見せしたり、ニュアンスカラーの小物で上品さを加えるのが、プチプラアイテムをうまく着こなすコツです。流行のウォッシュデニムも格安で購入できるのは、さすがユニクロさんです。

おすすめ3位 (無印良品+ユニクロ)

ニットは無印良品、パンツとボーダーカットソーはユニクロ。難しいカラーアイテムこそ、プチプラのものをセレクト。こんな春らしいスモーキーピンクなら、チャレンジしやすいです。ベーシックカラーとあわせることで大人っぽくまとまり、普段デニムばかり合わせてしまうようなコーデのマンネリ防止にもなります。ネイビーが少し重い印象だったので、顔まわりに明るさを持たせるため、ボーダーカットソーを肩掛けして春っぽくまとめました。

番外編 (同系色コーデ+Gジャン)

あえて同じようなカラーでまとめる同系色コーデに魅力を感じます。よく取り入れるのはこんなベージュグラデーションコーデ。色のトーンも濃さも似ているベージュ同士をあわせます。色数を絞ったスタイリングは、いろんな色を使うよりも一気にこなれた印象になります。上品なベージュで、カジュアルに転びがちなGジャンも大人っぽくまとまります。

番外編 (「白シャツ」は素材が決め手!)

大人のパステルカラー選びは「スモーキー」がキーワード。少しグレーがかった色味を選べば、落ち着いた雰囲気で、グレーやベージュなどのアイテムともあわせやすく、抵抗なく着られます。また、中に重ねる白シャツはツヤ感が装飾のあるものではなく、コットンなどのカジュアル素材でヘルシーにまとめると今ぽっくなります。

 本書は、子供とのリンクコーデなど、ママならではの提案もたっぷり。「大人の上品カジュアル」コーデテクを身につけて、周りの人よりちょっぴりおしゃれなママに! 毎日の洋服選びが楽しくなる1冊です。

『365日のプチプラコーデ 色合わせ、着回しを楽しむ、大人の上品カジュアル
(のりこ/KADOKAWA メディアファクトリー)定価:1200円(税抜)