「あそこに何かいるかもしれないよ……」 あなたを異界へ導く怪談物語集 東直子インタビュー

文芸・カルチャー

2015/5/3

『晴れ女の耳』(東直子/KADOKAWA)  東直子さんの小説はいつも不思議だ。  ひょうひょうとしていて、そこはかとないユーモアがあって、でもどこか不穏な空気をはらませていて。  何かのジャンルに収めようとしても、軽やかにするりとすり抜けていく。  新刊『晴れ女の耳』も怪談短篇集と銘打たれてはいるものの、一般的な怪... 続きを読む