返さなくてもいいから読んでくれ! 戸次重幸が大泉洋に貸したマンガとは!?

芸能

2015/5/16

  • TEAM NACS

 3年ぶりにTEAM NACSを総力特集する『ダ・ヴィンチ』2015年6月号。7月に開催されるTEAM NACS第15回本公演『悪童』のことはもちろん、メンバーからメンバーへの推薦本も紹介している。戸次重幸大泉洋に向けて推薦するのは現在実写映画が公開中のマンガ『パトレイバー』だ。

 戸次重幸大泉洋。この二人はTEAM NACS内においても、マンガ好きとして知られている。ゆえに、戸次が大泉にすすめる一冊もマンガ『機動警察パトレイバー』。1988年に連載が開始され、近年、実写映画が作られるなど、今なお根強いファンを持った作品だ。

 舞台は近未来。軍事から土木まで歩行ロボット(通称:レイバー)を操って作業をするのが当たり前になった時代に、徐々に増えつつあるレイバーを使った犯罪とそれを取り締まる警察の活躍を描いた物語である。

「警察車両としてロボットがある。今でこそ、そうした設定の作品はあまたありますが、その“はしり”だったと思うんですよね。ロボットの肩にパトランプがついてたり(笑)、なのに、デザインがカッコイイんですよ! さらに画期的だったのが、普通ならロボット同士の戦いやパイロットが物語の主軸になりがちなのに、彼らを取り巻く環境さえもしっかり描かれている点。妙に庶民くさいし、生々しさがある。そうした従来のSF品には出てこないであろう描写が逆に新鮮で、何だこれは!?という面白さもあって……。え〜と……魅力はまだまだありますが、もっと語りますか?(笑)」

 戸次は「好きなモノ」に対して一度口を開いたら止まらないタイプだ。セリフを丸暗記しているほどの語りっぷりには、作品への愛を十分に感じられる。ただ、原作の小ネタはおろか、OVAを含む膨大なアニメ作品の見る順番にまで話が及んでいったので、途中で止めてもらうことに……。その前に、ぜひ聞かせてください、なぜこれを大泉に推薦したのかを。

「理由というかね……実は学生時代、この作品のコミックス6巻から10巻をアイツに貸したことがあって。それがまだ返ってきてないんですよ(笑)。さすがに僕も諦めて買い直したから、今さら返せとは言いません。でも、せめて読んでくれ!と。で、感想を聞かせてくれってことです(笑)」

 本を貸して数年経った頃、まだちゃんと持っているのかを確認したことがあるそうで……。

「そしたらね、ヤツは5枚にわたる証拠写真を見せてきたんです。それというのが、大泉のおじいさんの恒三さんがサングラスをかけて6巻を読んでる写真とか。あとは全然違うマンガの6巻と8巻の間に俺の7巻が挟まっていたり。

『おいおい大泉君、置いてある場所、違うなぁ』って。鍋敷きの代わりになってるのもありましたね。その写真をね、彼は僕の誕生日プレゼントとして渡してきたんです。ホント、面白いでしょ、あの人は(笑)」

取材・文=倉田モトキ/『ダ・ヴィンチ』6月号「TEAM NACS」総力特集より一部抜粋

●関連記事
東京ではなく北海道を選んだ理由 TEAM NACS 森崎博之インタビュー
最終的には森崎さんのもとで―― 安田顕インタビュー
TEAM NACSを脱退!? 大泉洋が抱いた苦悩とは
“TEAM NACSを変える”という密かな野望 音尾琢真インタビュー

<公演概要>
TEAM NACS 第15回公演『悪童』

脚本/古沢良太 演出/マギー 
出演/TEAM NACS

廃墟に集まってくる5人の男たち。幼なじみである彼らは、ある計画を企てていた。彼らにはやらなければならないことがあった。それがどんなに恐ろしいことであっても……。彼らは、みな、悪童――。

TEAM NACS 第15回公演『悪童』公演日程
【大阪公演】7月15日~20日:森ノ宮ピロティホール
【仙台公演】7月22日・23日:電力ホール
【盛岡公演】7月25日・26日:盛岡市民文化ホール
【札幌公演】7月30日~8月2日:わくわくホリデーホール(札幌市民ホール)
【名古屋公演】8月5日~9日:名古屋市公会堂
【新潟公演】8月13日~16日:新潟テルサ
【福岡公演】8月19日~23日:キャナルシティ劇場
【東京公演】8月26日~9月6日:EX THEATER ROPPONGI

詳細は⇒TEAM NACS公式サイト

ダ・ヴィンチ

『ダ・ヴィンチ』2015年6月号

KADOKAWA 定価650円(税込)

・第1特集 TEAM NACS総力特集
森崎博之安田顕戸次重幸大泉洋音尾琢真
マギー×古沢良太
・第2特集 朝井リョウのいま
高橋みなみ×朝井リョウ