「伊波杏樹」声優インタビュー&撮り下ろしグラビア【声優図鑑】

アニメ部

2015/5/20





――他人事とは思えなかったと。

伊波:そのころ、すでにお仕事をしていたんですけど、声優って難しいお仕事だなって落ち込んでいたときで。だから、本当に大切な出会いでしたね、今こうしてアニメを思い出しながらしゃべってるだけでも泣きそうになるくらい…。その作品に関わることができるなんて、ホントに夢みたい(笑)。みんなで温めていく作品、大切にしていきたいです。

――もし「ラブライブ!」のように伊波さん自身が成長するとしたら、自分のなかのどんな部分を伸ばしたい?

伊波:すべてですね。全部成長したい! いちばんは人間性かな。お芝居って人間性が出ると思うんです。まだまだ未熟で悩みやつらいことも多いけど、その先に待っているものを見てみたいというか。歌もそうですけど、自分に厳しく、イチからやり直すぐらいの気持ちでしっかり成長していきたいし、まだ習ったことはないけどダンスにも挑戦してみたい。どれかひとつっていうことはしたくない。全部成長したいです。

――めざす声優像はあったりしますか?

伊波:平野綾さんに憧れてます、ずっと。平野さんって、もともとミュージカルに出るのが夢だったそうなんです。子役から始まって、いろんなことを経験されて、今実際にミュージカルに出られているんですよ。「レ・ミゼラブル」のエポニーヌ役とか、「モーツァルト」のコンスタンツェ役とか。それまでにはすごく大変なこともあったんじゃないかと思うんですけど、きっちり夢に繋げているところがすごいなって。私も歌が好きで、歌でお芝居するミュージカルに出るのが夢のひとつなので、憧れてます。

【次のページ】本番より、伊波として練習しているときのほうが、よっぽど緊張します(笑)