【ダ・ヴィンチ2015年7月号】『海街diary』特集番外編

特集番外編2

2015/6/5

【ダ・ヴィンチ2015年7月号】『海街diary』特集番外編

編集H

映画も漫画もリアル鎌倉もぜひ体感してみてください

マンガ家・吉田秋生さんの人気作『海街diary』。元々私は本作の大ファンだったのですが、マンガが本当によくできた作品なので、これを実写にするのは難しいだろうなと思っていました。ですが、是枝裕和監督脚本によって実写映画として公開されると知り、是枝作品ファンでもある私は、それならばぜひ観たい!と思いました。

そして四姉妹のキャスティング! まさに奇跡の四姉妹です。本当に姉妹のやりとりが本物の姉妹のようで、映画もすごくよかったです。
特に広瀬すずちゃん演じるすずちゃんはもう“すず”そのものでした。綾瀬さんもふだん私たちがテレビなどで観ているイメージからは長女に見えないかと思いきや、とっても長女らしく、一家の大黒柱さち姉でしたし、長澤まさみさんが演じる次女・佳乃も、あやうくて繊細な感じがとてもはまってました(私は綾瀬さんと長澤さんとの姉妹喧嘩のやりとりのシーンがとても好きでした)。そして、意外にもとってもはまり役だったのが、三女・千佳役の夏帆さんでした。

今回、特集内では実写版で長女を演じた綾瀬はるかさん、次女を演じた長澤まさみさん、三女を演じた夏帆さん、四女を演じた広瀬すずさんの4人のグラビア&座談会を実施できることに。現場に4人が現れただけでもうまぶしい!! それぞれお一人でも輝きを放っているのに、そんな美女が4人も……! いやー本当に美しすぎ、まぶしすぎました。

現場での4人のやりとりはまさに姉妹のようで息がぴったり。役柄とは違う普段の皆さんではあるのですが、でも、すっかり姉妹としての役割分担ができている感じがして、きっといい現場だったんだろうなとその様子からもうかがえました。誌面では、撮影中のエピソードや、取材時のナチュラルな彼女たちのガールズトークが存分にお楽しみいただけると思います。ぜひご覧ください。

そして、今回、原作の『海街diary』を「ローカル」というキーワードから読み解いてみたのですが、もともと『海街』ファンのわたしにとっても、土地との関係性から『海街』を読んでみたら、いろんな発見があって、あらためて『海街diary』深い!です!!

『海街diary』を読んでいると、きっと鎌倉に行きたくなると思います。そこで、実際に鎌倉で暮らす人、働く人たちにインタビューをさせていただきました。彼らの物語と一緒に、素敵なお店もいくつも紹介しています。ぜひ鎌倉を訪れた際には、『海街』の舞台とともに、彼らのお店にもお立ち寄りください。