「出版界におけるビジネスモデルの一部」 ゴーストライターの存在意義とは?

文芸・カルチャー

2015/6/8

『ゴーストライター論』(神山典士/平凡社) ゴーストライターという、これまでに暗黙の了解として存在しつづけてきた〈職業〉に、にわかに注目が集まったのは、2014年の「佐村河内守事件」であることはいうまでもない。新垣隆の告発が週刊誌に掲載されてから1年以上が経ついまも、この騒動がドキュメンタリー映画になるという報道が出... 続きを読む