エルトゥールル号事件から125年 トルコを身近に感じる「トルコの風景―ルトゥフィエ・バトゥカンの人形展」開催

エンタメ

2015/6/10

布人形「メフテル」  1890年(明治23年)9月、オスマン帝国(一部は現在のトルコ)の軍艦「エルトゥールル」が、現在の和歌山県串本町沖にある紀伊大島の樫野埼東方海上で遭難し、500名以上の犠牲者を出した「エルトゥールル号事件」。同事件は『海の翼』(新人物往来社)というタイトルで小説にもなっているが、この歴史的事件を... 続きを読む