当たると話題のタロットセラピストに、人気ファッションブロガーが仕事の未来を相談してみた

エンタメ

2015/6/30

 おっとり優しい雰囲気が魅力的なタロットセラピスト・Luna先生。室内に到着するなり「準備しますね!」と笑顔で取り出したのは、べールと水晶……ではなくて、明るいキャスキッドソンの布と3本のアロマボトル、色とりどりの華やかなカード。会議室を瞬く間にカジュアルな空間へと変えたところで、本日の相談者である人気ファッションブロガー・Yokoさんが到着! 彼女が抱える仕事のお悩みに、Luna先生のタロットが導き出した答えとは―。

Yokoさんの未来を占うのはフランスの「マルセイユタロット」

Yoko:きれいなカードがたくさんありますね。実は私、これまで占いにほとんど行ったことがなくて。あまり詳しくないんですけれど、Luna先生はタロットをお使いになるんですね。

Luna:はい、私がメインで使っているのは「マルセイユタロット」といいます。現在、占い界では「ウェイト版」と言われるモダンなタロットが主流なのですが、このマルセイユ版は、16~18世紀にフランスで流行した古典的なもの。ウェイト版に比べて絵柄が抽象的で、解釈の自由度が高いのが特徴なんですよ。

  • LUNA先生のタロット

    タロットカードは、トランプの原型との説もある56枚の“小アルカナ”と、「愚者」や「世界」などの寓意画でできた22枚の“大アルカナ”で構成されています

Luna:同じカードであっても、どなたが引くかによって意味が微妙に変わります。カードが示すメッセージをどう読むかは、タロットリーダーのセンスと勘、そして経験によるもの。これぞ、私たちプロの腕の見せどころ、ですね。

「タロット」×「エニアグラム」で人の本質につながるメッセージを読み解く

Luna:もう一つ、私がタロットに組み合わせて使っているのが「エニアグラム」。ざっくり言うと、人間をさまざまな角度から見て9タイプに分ける“性格分析”で、企業の人材育成や犯罪のプロファイリングなどにも利用されているんですよ。

本格的な分析は、きちんとカウンセリングの時間をとらないと難しいのですが、パッと見だけでも、だいたいのその方の本質は把握できます。

  • Luna先生のタロット

    「その人の本質につながった生き方をすることこそ、輝く近道!」とLuna先生

カードのメッセージを読むときも、その方の本質と照らし合わせながら、本人にぴったりのメッセージをお伝えできるのが「タロット」×「エニアグラム」のいいところなのです。

それではYokoさん、実際に鑑定してみましょうか! こちらの紙に「お名前」と「誕生日」を記載してください。まずは誕生日リーディングから始めていきましょう。

【NEXT】2/5 甘い香りでリラックスしたらいよいよ鑑定スタート!
3/5 ダイレクトに運命を告げる!? もう1つのタロットカードが登場
4/5 本当はいずれ地元・京都に帰りたい思いも……
5/5 東京と京都、どちらに行くべき? タロットカードが示した道は
Yokoさん&Luna先生のプロフィールはこちら