2015年上半期「表紙がイケメンコミックスグランプリ」候補作出そろう

マンガ・アニメ

公開日:2015/6/30

 はやいもので今年も半分が過ぎ去ろうとしています。オリコンやamazonなどネット上の各所で2015年上半期を振り返る本やコミックのランキングが発表されていますよね。そこで、ダ・ヴィンチニュースでも2015年上半期を振り返る企画として、唐突ではありますが、「表紙がイケメンコミックスグランプリ」を勝手に開催したいと思います!

 この企画を開催するにあたり、イケメンが三度の飯より好きで、年に数十冊のコミックスをイケメン表紙買いするという、とある女性コミックス編集者に協力してもらい、同グランプリへノミネートする10作品を独断と偏見でピックアップしてもらいました。ノミネート基準は、2015年上半期に第1巻が発売されたフレッシュな作品でイケメンが表紙に掲載されているもの(※BL作品は除く)となります。

 それでは、さっそくノミネートされた10作品のラインナップを見ていきましょう!

 

◆◆2015年上半期「表紙がイケメンコミックスグランプリ」ノミネート作品◆◆

 

ゴールデンカムイ (ヤングジャンプコミックス)

●あらすじ
『不死身の杉元』日露戦争での鬼神の如き武功から、そう謳われた兵士は、ある目的の為に大金を欲し、かつてゴールドラッシュに沸いた北海道へ足を踏み入れる。そこにはアイヌが隠した莫大な埋蔵金への手掛かりが!? 立ち塞がる圧倒的な大自然と凶悪な死刑囚。そして、アイヌの少女、エゾ狼との出逢い。『黄金を巡る生存競争』開幕ッ!!!!

 

(評)しょっぱなから軍服イケメンとは恐れ入りますが、いいですね~このワイルドな感じ。顔の傷や逆立った毛に生気があふれます。マフラーの巻き方がおしゃれです。

 

妖怪学校の先生はじめました! (Gファンタジーコミックス)

●あらすじ
愉快☆痛快☆妖怪☆学園コメディ! 気弱な新米教師・安倍晴明。ただでさえビビりなのに、そんな彼が赴任したのは、妖怪だらけの学校で…! ヘタレな人間教師と、妖怪な生徒たちの奇妙でにぎやかな日常を描く、妖怪学園コメディ! 授業開始はできるのか!?

 

(評)つづいてはうって変わってヘタレなイケメン。それだけでもグッとくるのに新米教師という設定&妖怪な生徒たちとのからみもあるとか。内股気味なのがポイント高し。

 

役職ディストピアリ(ヤングガンガンコミックス)

●あらすじ
仲間ヲ殺シ、魔王ヲ斃セ。そこは、生まれながらにして「役職」が定められた世界。第23代目魔王の討伐依頼を受理した討伐士(とうばつし)・トルザは魔王を討伐するべく、仲間を集い旅を続けていた。モンスターと戦いの中で、次々と命を奪われていく仲間達。血しぶきが舞う中でトルザは討伐士の固有スキル「主人公補正」を使い、屍となった仲間達のレベルを己の糧にしていく。「仲間が死なない限り、俺は強くなれない」 血塗られた漆黒の大剣が、振り下ろされる――。1年間で430万ヒットを記録したモンスターWEB漫画を完全リメイク。光無きアンチ・ブレイブ・ファンタジー、開幕――!

 

(評)つづいて厨二系イケメンの登場です。フードを目深にかぶり、前髪の間からのぞく上目遣いからは、なにか若者の鬱屈した情動を感じてしまいますよね。

 

コードブラック 速弾きのルルーシュ(KCデラックス ヤングマガジン)

●あらすじ
神聖ブリタニア帝国の元第11皇子、満を持してBANDやります。神聖ブリタニア帝国の元皇子にして稀代のカリスマ、ルルーシュ・ランペルージ。バンドの知識が『ゼロ』であるにもかかわらず、文化祭のステージにギター&ボーカルとして上ることを安請け合いしたルルーシュ。その先に待つ悲劇的な運命とは?あの名作アニメ『コードギアス』が思わぬ角度でスピンオフ!!

 

(評)あらやだルルーシュさんじゃないですか! あいかわらずカリスマ的なお美しさ。タイトルの宮沢賢治感が詩的な印象を与えてくれますが、弾くのはギターです。

 

青春エレジーズ(BUNCH COMICS)

●あらすじ
県立玉光高校「スター部」入部条件は、ザンネンなこと!!(※ただしイケメンに限る) 転校生の山田大介は、スターに憧れる高校1年生。「転校デビュー」をもくろむ彼は、キラキラ輝く高校生活をおくるために、何かカッコイイ部活を探していた。そんな彼の目に留まったのは、校舎の片隅にある小部屋。扉に「☆」マークの付いているその部屋の中には、4人の美形男子がいて…。コンプレックスにまみれた男子高校生(美形)たちが、校舎の片隅でスターを目指す、泣き笑い学園コメディ☆

 

(評)ヘタレに並ぶ人気イケメン属性のひとつ「ザンネン」。それが5人も集まるんですから見ない手はありませんね。“玉光”という学校名に著者の意気込みを感じます。

 

アナノムジナ (ジャンプコミックス)

●あらすじ
一見どこにでもいそうな高校生・佐滝匡。だが彼には、超天才詐欺師という裏の顔があった。人を化かす妖怪“狢”から受け継いだ洞察眼と舌先三寸を武器に、法では裁けぬ悪党たちを華麗に化かす! スタイリッシュ犯罪アクション、開演──!!

 

(評)またまた登場の厨二系。もちろん目が光るのはデフォルトです。詐欺師というやんちゃな感じとどこか少年っぽさを残す面影のアンバラスさが◎です。

 

おはよう、いばら姫 (KC デザート)

●あらすじ
「丘の上のおばけ屋敷」と噂のある空澤家でワケあって家政夫バイト中の高校生・美郷 哲。ある日、本邸の離れで暮らす謎の少女・空澤志津と出会い、どこか寂しげな笑顔に惹かれていく哲だが、再び会った時の彼女はまるで別人のように様子が豹変していて……?

 

(評)やっと来ました泣きぼくろ。日本人なら惹かれないわけがありません。あと滴る水もなんだかセクシー。シズル感あふれるイケメンさんです。

 

私のオオカミくん (KCx)

●あらすじ
北海道に転校してきた楠木こむぎに、転校初日から「君…なんかいい匂いすんね?」と話しかけてきた大神結。そんな彼が寝ているところに近づいたこむぎが見てしまったものとは!? なんと彼はオオカミだったのです! 大神はこむぎに「自分の正体を黙っててね…」、そして「お願い聞いてくれないと食べちゃうよ?」と言ったのでした。次々でてくるケモノ耳男子たちにこむぎは?

 

(評)そして今回の人外枠。最近ブームになりつつありますが、永遠に続いてほしいですね。フェロモン出まくりの流し目がたまりません。

 
 

鵼の絵師 (Nemuki+コミックス)

●あらすじ
生者を描けば魂を奪い、死者を描けば蘇らせるという噂の肖像画家。彼は「鵼の絵師」と人々に呼ばれている。彼のもとにやって来る依頼者は、何を想って絵を描いてもらうのか。レトロな時代感と端正な画風が、深い人間ドラマを展開させる。

 

(評)ダンディーです。大人の魅力です。画家っていうのも知的でグッド。イケメンというよりハンサムと形容したい今日この頃です。ベストにそそられますね。

 

メミニッセ(ジーンピクシブコミックス)

●あらすじ
主人公・来栖ライの生活は、記憶を読み取る力を持つ少女・サイとの出会いから、一変する。異能力者“シキ・レセプター”達による人智を超えた戦いへと巻き込まれ、絶体絶命の中、彼自身も絶対破壊の力に目覚める。そして同時に明かされる、ライ自身の10年前の過去とは――!? この力は何なのか? 自分の記憶は何が本当で、何が嘘なのか? 謎が謎を呼ぶ中、少年と少女がタッグを組んで失われた過去を取り戻す為に戦う、記憶を巡るサスペンスアクション登場!!

 

(評)三度目の厨二系。学ランもよいですがネクタイありのブレザーもイケメンに似合いますよね。しかしなぜイケメンはシャギーカットが多いのでしょうか。

 


 

 以上、ノミネート10作品の顔ぶれはいかがだったでしょうか? 表紙だけで判断してますが、なかなか甲乙つけがたいイケメンたちがそろったと思います。もしこの選考に異論反論ある場合はハッシュタグ「#表紙がイケメンコミックスグランプリ」をつけて、あなたの推しタイトルをツイートしてください! 皆さんのツイートも参考にしながら、前出の女性編集者の独断と偏見で初代グランプリ作品を決定します。お楽しみに!

 

↓ネットで話題の作品がいっぱい!ジーンピクシブ作品を読む↓