「幽霊画」全力特集! 夏に読みたい怪談専門誌『幽』最新号&幽霊画展開催情報

文芸・カルチャー

2015/7/2

  • 幽

 2004年6月に創刊された日本で唯一の怪談専門誌『』。2015年6月30日(火)、『幽』の最新号(23号)が発売された。最新号の特集は「幽霊画」。

 2015年7月22日(水)より開催の幽霊画展「うらめしや~、冥途のみやげ展」(東京新聞主催)で展示される、全生庵所蔵の幽霊画の一部を、『幽』23号のカラーグラビアで見ることができる。

幽霊画特集は絵だけではない。作家の高橋克彦、藤野可織、『怖い絵』で知られる中野京子、マンガ家の松浦だるまらが、お気に入りの幽霊画を紹介するエッセイを綴る。さらに、鏑木清方、国枝史郎による、幽霊画エッセイの復刻も収録。幽霊画が昔の文人も魅了していたことが分かる。さらに、特集内の探訪企画では能登の幽霊画を所蔵している寺を巡る。掲載された寺に実際に足を運んでみるのもいいかもしれない。

「幽霊画」の魅力を余すことなく掲載された『幽』23号を読んだ後は、実際に幽霊画展にも足を運んでみよう。

東京新聞主催「うらめしや~、冥途のみやげ展」
期間:2015年7月22日(水)~ 2015年9月13日(日)
会場:東京藝術大学大学美術館 地下2階展示室
時間:10:00~17:00 ※入館は閉館の30分前まで
(2015年8月11日(火)21日(金)は19:00まで開館)
当日料金:(一般)1,100円/(高校生・大学生)700円 ※中学生以下無料
前売料金:(一般)900円/(高校生・大学生)600円 ※中学生以下無料
⇒「うらめしや~、冥途のみやげ展」公式サイト

「幽霊画廊Ⅱ -恨みのあやかし八丁目-」
期間:2015年8月3日(月)~ 2015年8月15日(土)
会場:東京都中央区「ヴァニラ画廊」
時間:(平日)12:00~19:00/(金)12:00~20:00/(土・日)12:00~17:00 ※会期中無休
入場料:500円
⇒「ヴァニラ画廊」公式ホームページ

  • 幽

石川近代文学館「怪談えほん原画展」
期間:2015年6月25日(木)~ 2015年8月23日(日)
※2015年8月1日(土)、「真夏の怪談会」を開催。同企画は、画家・山科理絵が描いた幽霊画を持参し、「平成の幽霊掛軸」をお披露目する。『幽』編集顧問・東雅夫とのプチトークもあり。
⇒「石川四高記念文化交流館」公式ホームページ

幽■『』23号
ムック:416ページ
価格:1,990円(税込)
発売日:2015年6月30日(火)
出版社:KADOKAWA

関連記事
ジブリ美術館の新企画は宮崎監督自身が担当!「幽霊塔へようこそ展」開催決定
ヤンデレ界に激震走る!? 新たなダークヒロイン『怪談彼女』でぞくぞくするような純愛を味わおう