倹約家・家計を預かる主婦にこそ見てほしい! 月398円から使える通信サービス登場

暮らし

2015/7/10

  • ファンダム支援SIM

 世界初! 398円から使える社会貢献型のSIMフリーサービス「ファンダム支援SIM」が、2015年7月8日(水)に発表され事前予約が開始された。“ファンダム”や“SIM”という単語を目にしただけで“難しい”と諦めることなかれ! 同サービスは、家族や団体などで自由にデータのシェアができるため、使い方によって大きくコストを抑えられることが可能。つまり“節約”に特化しており、倹約家にとって、家計を預かる主婦にとっては要チェックのサービスなのだ。

家族・友達・社員同士での利用で通信料を楽しく節約!
SIMカードとは、電話番号を特定するための固有ID番号が記録された、携帯電話やスマートフォンが通信するのに必要なICカード。「ファンダム支援SIM」では、家族や恋人同士、グループでの利用において、1契約で最大19枚のSIMでデータ容量のシェアができる。

 複数人で使用した場合、利用頻度の多い人と少ない人とで、使用データ量に差が生まれる。しかし同サービスでは、料金計算を“全員の使用量の平均値”で行うことにより、データ量が余っている人から足りない人への受け渡しなど、面倒な操作も必要なく、簡単に通信料の節約ができるのだ。

  • ファンダム支援SIM

高速通信でNOストレス! 通信料は使った分だけ! 398円から!
“高速モード”1本のみなので、通信モードを選択する煩わしさなど一切なし! また、「管理ツール」ではデータ量の目安設定も可能。例えば、お子さんの使い過ぎ防止や、企業の部門ごとでのデータ量の割振りのために活用することもできる。さらに、複数人利用時のデータ使用量の“ムラ”を自動的にフラットにするデータシェアサービスは、家族や団体の通信料の節約を強くサポート!
※20名以上の団体・企業は別途契約を用意

 「でも、どのくらいのデータ量を設定すればいいか分からないよ…」そんな人は、シュミレーションツールで簡単に目安を把握しよう。使う目的やアプリの組み合わせで、どのくらいのデータ量がどの程度の通信料で使えるかを案内してくれる。またデータ量ではなく、通信料の上限設定を行い、金額分のデータ量を利用することも可能だ。万が一、データ量上限に達してしまいそうな月があった場合も、状況に応じてデータ量上限の変更ができる。

 ユーザー自身がデータ量や料金を管理できるため、「データ量が余って勿体ない」という気持ちになることはなく、通信料の節約を手助けしてくれる。

 もちろん、“200MB=398円”という衝撃の価格設定も倹約家にとって嬉しいポイントだ。

 節約にまったく心惹かれないあなたにはコレ! 同サービスは、収益の一部をNPO団体などの社会貢献活動に還元することを目的とした、世界で初めてのサービスなのだ。あなたがスマホを使うたびに、社会に貢献することができる。さらに、あなたの寄付金額は会員ページからいつでも確認できるようになっているのだ。どんどん使ってたくさんの寄付をおこなおう。

  • ファンダム支援SIM

●「ファンダム支援SIM」事前予約
期間:2015年7月8日(水)~ 7月13日(月)23:59まで
⇒「ファンダム支援SIM」公式サイト
※Amazonで先行購入可能

関連記事
水菜は“10日間”、大葉は“3週間”、みずみずしいまま長持ち! 節約につながる野菜の保存法
OLが3年で500万円の借金を返済! その貯蓄&節約術とは