ビートたけし、12年ぶりの自作以外の主演映画が来年公開「役者としても監督としてもいい勉強になった」

映画

2015/7/13

7月11日、映画『女が眠る時』の製作発表記者会見が都内で行われ、ビートたけし、西島秀俊忽那汐里、小山田サユリ、ウェイン・ワン監督が登壇した。

  • 女が眠る時

 原作はスペイン人作家ハヴィア・マリアスによる短編小説「WHILE THE WOMAN ARE SLEEPING」で、物語の舞台となるのは郊外のリゾートホテル。その中で2組のカップルが物語の中心となっていく。作家・健二(西島秀俊)は妻・綾(小山田サユリ)とバカンスを過ごすため、ホテルに訪れ、初老の男・佐原(ビートたけし)と若く美しい女・美樹(忽那汐里)という年の離れたカップルに出会う。異様な雰囲気を醸し出す2人のことが脳裏から離れなくなり、その日から彼らの部屋を覗き見するようになった健二。ほんの好奇心から始まった行為は常軌を逸した行動へと変化していき、予測し得なかった衝撃の結末を迎える。

 自作以外での映画主演は『血と骨』以来、実に12年ぶりとなるビートたけし。「自分のキャリアの中では、久々に緊張して手探りの状態が続きましたが、役者としても監督としてもいい勉強になりました。ワン監督の作品は一言では表せられないもので、監督の作品に参加できることが嬉しかったです」と心境を語った。また、西島は「自分の才能に苦悩する健二を演じるにあたって、監督に渡されたDVDや、自分なりに考えて選んだDVD、小説を参考にしました。また、健二がどことなくワン監督に似ていると思ったので、体型も含めてワン監督に似せるなどして撮影に臨みました」と役作りについて話した。

 本作はハリウッドを代表する巨匠ウェイン・ワン監督の初となる日本映画。そんな記念すべき映画に出演が決定した時の心境を聞かれると、忽那は「この役をいただけるとは全く思っていなかったので、決まった時には心から嬉しかったです」とコメント。小山田も「監督とお会いして役について話を聞いて、別れ際に“じゃあ日本で”と言われた時には半信半疑でしたが、その後正式的にオファーがきて、本当に嬉しかったです」と笑顔で答えた。

 台本を変えるのが好きだというワン監督。そんな監督の演出方法に対してビートたけしは、「俺の作り方と基本的に似ている。でも俺は“こんなもんでいいや”という感じで適当だけど、ワン監督は前日からずっと台本の流れを考えていて、このシーンは必要ない、こんなシーンがあったらいいんじゃないか、と考えていて真面目」と会場の笑いを誘いながら自分との共通点、違いを話してくれた。一方、ワン監督はビートたけしに対して、「たけしさんはある意味もう1人の監督ともいうべき存在だった。色々提案をしてくれたり、逆に日本人の考え方などについてこちらから質問することもあった」と信頼していることを語った。また、実際にそんな2人のやりとりを見ていた西島は、「2人が話していく中でどんどんストーリーが膨らんでいくのを目の当たりにして、僕にとっては今後の俳優人生の財産になりました」とコメントした。

  • 女が眠る時

映画、『女が眠る時』の公開は2016年の春頃の予定。