家の食卓がデパ地下総菜店に大変身☆あの味がリーズナブルに再現できる!【作ってみた】

食・料理

2015/7/31

 突然だが、デパ地下が好きだ。特にたくさんの野菜や総菜が盛られたお皿がキレイに並んでいるショーウィンドウは見ただけでウキウキしてくる。できることならいろいろな種類の料理を買って、食卓に並べて食べてみたいところだが、実際のところは少量でもなかなか良いお値段がするので、いつも迷いに迷って数品のみに留まってしまう。いつかたくさん買ってみたい…そんなささやかな願いを叶えてくれるレシピ本に出会ってしまった。その名もズバリ『おうちで、できたて! デパ地下サラダ人気総菜店を徹底的に研究!』(岩﨑啓子/新星出版社)。この本では、なかなか買えないのなら家で作ってしまう!ということで、あまたあるデパ地下人気総菜店の野菜の組み合わせ、味付け、デパ地下特有の華やかな盛り付け方法までを徹底的に研究し紹介されているので、本を見ているだけでもかなり気分が盛り上がってくる。しかもお店で買うよりもかなりリーズナブルに作れるのも嬉しいところ。今回はそんなデパ地下サラダから実際お店などでよく見る定番の3品を作ってみた。

1、クリーミーアボカドポテトサラダ(P.11)

<材料>(2人分)
じゃがいも・・・2個
アボカド・・・1/2個
レタス・・・2枚
A
 マヨネーズ・・・大さじ4
 プレーンヨーグルト・・・大さじ1
 塩・こしょう・・・各少々

<作り方>

  • 1、じゃがいもは茹でて皮をむき、粗く潰す。
    アボカドはひと口大に切る
  • 2、混ぜ合わせたAと1をよく混ぜる

3、レタスを少し敷いた器に半量盛る。食べやすい大きさにちぎったレタスを散らし、残りをのせたら完成。

 アボカドを入れることで、じゃがいもだけよりもかなりクリーミーな食感へ。味付けはマヨネーズだけでなくプレーンヨーグルトも加えているのであっさり。盛り付け方も、最初と途中にレタスを入れるのはデパ地下ならでは。でもこうすることでさらに美味しそうに見えるのがスゴい。

2、えびのオーロラソースサラダ(P、26)

 茹でて殻をむいたえびと、レタス、薄切りにした玉ねぎ、パプリカを器に盛り付け、その上にマヨネーズ・トマトケチャップ・牛乳を混ぜ合わせたソースをかければ完成。デパ地下サラダの定番食材と言えば“エビ”と思い浮かべるくらい、多くの料理で使われているが、今回はサラダに使ってみた。プリッとしたエビとこのちょっぴり甘いオーロラソースが良く合う!しかもうすピンク色がキレイで、パーティーなんかでも華やかで喜ばれそう。

3、ほくほくジャーマンサラダ(P、98)

 茹でたじゃがいも、ソーセージ、ほうれん草を器に入れ、混ぜ合わせた粒マスタード・酢・砂糖・塩・こしょう・サラダ油を加えてさっくり混ぜれば完成。デパ地下総菜の良いところは冷たい料理だけでなく、温かい料理もあるところ。そんなほかほか感がたまらない一品がこれ。ピリリとした粒マスタードがアクセントとなってお酒にも合いそう。

手作りデパ地下サラダが食卓を華やかに彩る!

普段家で作るサラダと言えば、ありきたりの野菜を使った、ありきたりの組み合わせ、味付けになってしまうことが多い。しかし、デパ地下サラダでは意外な食材の組み合わせや味付けがされていたりするのでかなり勉強になるし、それが家で実現できると、サラダのレパートリーの幅がかなり広がる。ぜひお店の味を再現して、彩り豊かな食卓を作ってみては?

文=JUNKO