ボールペンのインクが減ったら、カッターで切って捨てる… 『じみへん』作者の究極の断捨離生活

生活

2015/7/31

『もたない男』(中崎タツヤ/飛鳥新社)  断捨離ブームが定着し、“捨てる”ことが善とされる時代である。物を最小限しか持たないシンプルな暮らしをする人を「ミニマリスト」と言い、断捨離とセットで捉えられることが多い。なぜ断捨離をするのか、なぜ物を持たないのかというと、「余分なものをなくすと本質が見えてくる」ということらし... 続きを読む