長崎訓子が描く、奇妙でカワイイ名作文学『MARBLE RAMBLE 名作文学漫画集』刊行

マンガ・アニメ

2015/8/20

    名作文学漫画集

 スペンサー・ジョンソンの名作『チーズはどこへ消えた?』や、2015年度本屋大賞ノミネート作『億男』などの挿画を手掛けるイラストレーター・長崎訓子。同氏が描くコミック『MARBLE RAMBLE 名作文学漫画集』が、2015年8月25日(火)に刊行される。

 同書は夏目漱石、佐藤春夫、海野十三、向田邦子など、日本が誇る作家・文豪たちの名作短編を中心にマンガ化。しかし、古今東西、奇妙奇天烈な作品を扱っているため、おかしく、かわいらしく、そして恐ろしい内容となっている。

 例えば、『阿修羅のごとく』『寺内貫太郎一家』など、シナリオライターとしても知られる向田邦子の「鮒」。家族で食事を楽しんでいると、なぜか台所の勝手口に“鮒”が置かれている… という恐ろしさすら漂う作品を、かわいらしいタッチでコミカルなマンガに仕上げている。

    名作文学漫画集
    名作文学漫画集 width=

 多くのイラストを手掛けてきた長崎が、数々の名作をどう味付けするのか。残暑厳しい時期に、プチ恐怖感を味わってみるのもいいだろう。

    名作文学漫画集
    名作文学漫画集
    名作文学漫画集
    名作文学漫画集

<収録作品一覧>
・向田邦子「鮒」(向田邦子『男どき女どき』新潮文庫 所収)
・夏目漱石「変な音」(夏目漱石『文鳥・夢十夜』新潮文庫 所収)
・梅崎春生「猫の話」(北村薫編『謎のギャラリー 愛の部屋』新潮文庫 所収)
・佐藤春夫「蝗の大旅行」(『日本文学全集 佐藤春夫』筑摩書房 所収)
・横光利一「頭ならびに腹」(『定本横光利一全集第1巻』河出書房新社 所収)
・モーパッサン「髪」(『モーパッサン短篇集』ちくま文庫 所収)
・モーパッサン「墓」(『モーパッサン怪奇傑作集』福武文庫 所収)
・ペロー「青ひげ」(『完訳ペロー童話集』岩波文庫 所収)
・海野十三「空気男」(『海野十三全集第6巻』三一書房 所収)
・蒲松齢「桃どろぼう」(蒲松齢『聊斎志異 上』岩波文庫 所収)
・曹雪芹「夢の中の宝玉さん」(『新編バベルの図書館第6巻』国書刊行会 所収)

 『MARBLE RAMBLE 名作文学漫画集』刊行を記念し、トークイベントも開催。不思議な作品を描く長崎がどんな女性なのか、実際に目で確かめる絶好の機会を見逃す手はない。

「下北沢B&B 発売記念トークショー」
漫画家・衿沢世衣子をゲストに、イラストレーションや漫画などについてのトークを実施予定。
※イベント詳細やチケット予約方法など、後日下北沢B&Bのホームページにて発表

日時:9月2日(水) 19:30開場/20:00開始
参加費:1,500円+ドリンク代500円
⇒「下北沢B&B」公式ホームページ

「恵文社COTTAGE(京都) 発売記念1日限定原画展&トークショー」
『MARBLE RAMBLE 名作文学漫画集』デザイナー・大島依提亜をゲストに、造本やデザイン、イラストレーションについて語り合う。

日時:2015年9月4日(金) 18:00開場/18:30開始 ※原画展は11:00~17:30
参加費:1,500円(原画展は無料)
⇒予約など詳細は「恵文社COTTAGE」公式ホームページまで
※両イベントとも『MARBLE RAMBLE 名作文学漫画集』未収録の短編を掲載した限定小冊子を参加者に配布予定

■『MARBLE RAMBLE 名作文学漫画集
著:長崎訓子
価格:1,600円(+税)
発売日:2015年8月25日(火)
仕様:A5判/ハードカバー/144ページ
出版社:パイ インターナショナル