常識外れのマル暴刑事が仁義なき極道世界に挑む 柚月裕子『孤狼の血』刊行

文芸・カルチャー

2015/8/31

 2008年、『臨床真理』で「第7回 このミステリーがすごい!」大賞を受賞し、2013年には、『検事の本懐』で「第15回 大藪春彦賞」を受賞したミステリ作家・柚月裕子(ゆづき・ゆうこ)。今もっとも注目される同氏の最新小説『孤狼の血』が、2015年8月29日(土)に発売された。  同作は、昭和63年の広島を舞台に、常識... 続きを読む