日本には世界に誇る「建築遺産」がこんなにもあった! 壮麗な建築が一挙登場『家庭画報10月号』

暮らし

2015/9/2

    家庭画報
    晩餐会などに使用される「花鳥の間」

 文明開化とともに建てられた壮麗な建築=洋館。明治・大正・昭和と時代を追って建てられた和洋折衷の邸宅は、世界に類を見ない希少な建築様式だ。

 2015年9月1日(火)に発売された『家庭画報』10月号では、日本だからこそ生まれた、美しい意匠や興味深い構造を、迫力のビジュアルで大特集。まさに「建築遺産」とも呼べる、日本の洋館の美しさを堪能できる総41ページで構成している。

 第1部では、日本唯一のネオ・バロック様式の宮廷建築「国宝・迎賓館赤坂離宮」の美に迫る。「花鳥の間」「彩鸞の間」「羽衣の間」「朝日の間」など、なかなか見ることの出来ない意匠の細工を一挙公開。見た目だけでなく、作り手の強いこだわりまでを感じることができるのではないだろうか。

 第2部では、近代日本の各地で花開いた、華麗なる日本の洋館邸宅を特集。室井滋が訪れるジョサイア・コンドル円熟の邸宅建築「六華苑(三重県桑名市)」や、炭坑王が遺したアール・ヌーヴォーの館「西日本工業倶楽部(福岡県北九州市)」を紹介。さらに、剛胆な和洋折衷形の「盛美館(青森県平川市)」、憧れの邸宅洋館「古我邸(神奈川県鎌倉市)」などが並ぶ。

 また、『家庭画報』7月号で大好評だった、重量が通常版の約2分の1という驚くべき軽さの『家庭画報ライト版』第2弾も同時発売(関西・東海地区は8月31日)。

    家庭画報

 さらにライト版だけの特別付録として、家庭画報謹製「ステンドグラス柄クリアファイル3種セット」が付いてくる。

    家庭画報

■『家庭画報 10月号
価格:1,200円(税込)
発売日:2015年9月1日(火)
出版社:世界文化社

■『家庭画報 ライト版 10月号
価格:1,200円(税込)
発売日:2015年9月1日(火)
出版社:世界文化社