うちの猫を見てくれ……なんだかちょっと変なんだ。猫マンガ3連発!

文芸・カルチャー

2015/9/17

 ようやく涼しくなってきて、いよいよ秋めいてきた今日この頃。少しでも涼を得ようと日陰や床でのびていた猫たちもずいぶん行動的になってきたのではないでしょうか。
 今、Twitterでは #繋がらなくていいからうちの猫を見てくれ という「このタグ天国すぎてありがとう」「なんだこの神タグは」と全国の猫好きを幸せの絶頂に導いているタグがじわじわと流行っています。
 「うちのこをみてくれー!」という飼い主さんの熱い想いで撮られた猫写真の数々に、顔が緩みっぱなしになること受け合いです。よそのお家の猫も可愛いですが、なんだかんだとうちのこがいちばん可愛いですよね。しかし、一緒に過ごしていると普段の可愛いらしさとはうらはらに「一体なにがあったんだ……」と思うような奇妙な行動を目撃することはないでしょうか。

 そんなちょっと変な行動を、猫マンガを描かれているお三方に紹介して頂きました!

なにがなんでも嫌

< 登場猫 >

どんぐり

でっかい黒猫。
食べることに執念を燃やす食いしん坊、だけど弟分にゃん太のご飯は横取りしないやさしい兄ちゃんです。

にゃん太

ちびっこ茶トラ。
やせっぽちのくせに鳴き声ばかりデカイかまってちゃん、始終どんぐりの後ついて回るお兄ちゃん子です。


< 飼い主さん >

ねこまき(ミューズワーク)
ねことじいちゃん

 ねことじいちゃん (KADOKAWA)やまめねこ (さくら舎)など、心がほっこりする動物マンガを数多く手がける。
 とある小さな動物園に住んでいる猫と動物たちのほんわかな日々を描いた最新作『ずぅねこ』 (KADOKAWA)は、9月19日発売!

汝の名は……


< 登場猫 >

ぽんた

鴻池家のぽんた。
4年前に鴻池家にやってきた。遊び方がおかしかったり、態度がでかく飼い主を振り回りたりする。白目で寝たりもします。


< 飼い主さん >

鴻池剛
鴻池剛と猫のぽんた ~ニャアアアン!~

 Twitterフォロワー数47万人超え!自由きままな猫のぽんたと振り回されっぱなしの作者・剛が日夜、繰り広げる狂騒劇!!
 「次にくるマンガ大賞」Webマンガ部門 第2位を獲得した鴻池剛と猫のぽんた ~ニャアアアン!~ (KADOKAWA)が、満を持して10月31日発売決定!

十猫十色

< 登場猫 >

トンちゃん

保護猫譲渡会で出会う。
オスに間違われ続ける乙女。ツンデレで天然。寡黙なタイプだけど全部顔に出る。足裏のハートマークがチャームポイント。

シノさん

ネットの里親募集で出会う。
起きてる時はだいたい鳴いている。うるさいけどいいやつ。すぐトンちゃんにくっつきたがる。


< 飼い主さん >

卵山玉子

 猫を飼うひとなら「あるある」と思わず頷いてしまうような、猫ならではの愛すべき奇行や日常をマンガにしており、ブログ上でじわじわと人気を集めている。頻繁にアップされる美猫の写真にも大注目。


 如何でしたでしょうか。上記のお三方は他にもたくさんの猫マンガを描いていますので、猫好きの方は是非チェックしてみてください!
 ちなみに筆者の家の猫は用を足すときトイレの縁で懸垂をします。