偏差値30台の不良が世界の名門大学へ――「結局、障害になるのって“自分の存在”や“思ってること”」鈴木琢也さんインタビュー【前編】

文芸・カルチャー

2015/10/5

『バカヤンキーでも死ぬ気でやれば世界の名門大学で戦える。』(鈴木琢也/ポプラ社)  「バカヤンキー」と聞いて、あなたはどんなイメージを抱くだろう? その想像したバカヤンキーのはるか上(というか下?)のバカヤンキーだったのが、本書の主人公・鈴木琢也さんだ。24歳でアメリカへ渡り、世界中からエリートが集まるカリフォルニア... 続きを読む