尾田栄一郎「なにこの漫画 暑苦しいし、絵が濃いし、面白い!!」『キングダム』キャッチコピー大賞スタート!

マンガ・アニメ

2015/10/8

    (C)原泰弘/集英社

 『週刊ヤングジャンプ』で連載中の、中国・春秋戦国時代を舞台にしたマンガ『キングダム』。「第17回手塚治虫文化賞」マンガ大賞を受賞、人気テレビ番組「アメトーーク!」では“キングダム芸人”を放送するなど勢いは止まらず、この度『キングダム』コミックス累計発行数が、遂に2,000万部を突破した。

 2,000万部の突破記念として、「『キングダム』キャッチコピー大賞-ここは言葉の戦場だ。-」が2015年10月7日(水)にオープン。同キャンペーンは、好きな『キングダム』コミックスの表紙、お気に入りの背景を選び、自分だけのオススメコメントを付けて、オリジナルの帯を作ることができるというもの。コミックスの表紙は全39種類、背景は全13種類と、無数の組み合わせからオリジナルの帯を作成することができる。



 キャッチコピー大賞への応募は、キャンペーン期間中にキャッチコピーを投稿し、Twitterでシェアする事で応募可能となる。応募されたキャッチコピーの中から、選ばれた入選者には豪華賞品が当たるチャンスも。しかも、作者の原泰久と担当編集者が直接審査するというから、ファンなら興奮ものだ。

 投稿されたキャッチコピーはサイト上で見る事ができ、サイトに置かれた“アツイ!”ボタンを押して、各キャッチコピーを評価することも可能。“アツイ!”ボタンが押された数によってランキングされ、人気作品はサイト上位に表示される。

 このキャンペーンに際して各界著名人から、こちらもアツ~イ推薦コメントがキャンペーンサイト上に掲載されているので紹介しよう!

「なにこの漫画 暑苦しいし、絵が濃いし、面白い!!」尾田栄一郎

「コマは小さいけど、スケールが大きい!」荒木飛呂彦

「古代中国史のたまらないキャラクターをきちんと描いている。」北方謙三

「本能の芯までしびれる面白さ! これが漫画の大将軍だ!」西尾維新

「今、世界で一番面白い漫画!」中村勘九郎

「ポップミュージックより、感情移入できちゃう。すげぇ、悔しい。」いきものがかり 水野良樹

「この面白さを今から体験できるなんて、まだ読んだ事無い人が羨ましいです。」パンサー 向井慧

「電子版キングダムから始まりコミックを集めヤンジャンまで追いついた。僕はキングダムのストーカーです。ンフフフ笑」ウーマンラッシュアワー 村本大輔

「疲れます…個性豊かな登場人物全てに感情移入しすぎて…最高の疲労感をありがとうございます!」南海キャンディーズ 山里亮太

「先生もっと描くペースを上げてもらえませんか? 待てません! いよいよ歴史上最大級の火花が!! こっちは大花火だ!(よし…決まった)」平成ノブシコブシ 吉村崇

「『キングダム』キャッチコピー大賞-ここは言葉の戦場だ。-」
開催期間:2015年10月7日(水)~11月9日(月)
<大賞>1名
『週刊ヤングジャンプ』の表紙にキャッチコピーを掲載
コミックスの帯にキャッチコピーを掲載
原作者・原泰久の描き下ろし直筆色紙
<優秀賞>若干名
コミックスの帯にキャッチコピーを掲載
『キングダム』オリジナル図書カード
※キャンペーンに応募せずとも、キャッチコピーの作成および投稿は可能。
⇒「『キングダム』キャッチコピー大賞-ここは言葉の戦場だ。-」キャンペーンページ

■『キングダム』40巻
著:原泰久
価格:555円(税込)
発売日:2015年10月19日(月)
出版社:集英社