『溺れるナイフ』実写映画化決定!「実写化できない漫画にしようと思って描いてた作品。ドキドキが止まらない」

マンガ・アニメ

2015/10/13

 2004年10月に『別冊フレンド』で連載開始されて以降、熱狂的な支持を受け、現在までに累計発行部数140万部以上(全17巻)を誇る、ジョージ朝倉が描く『溺れるナイフ』。2010年度「このマンガがすごい!」オンナ篇第17位、第2回anan漫画大賞の候補作になるなど、人気と実力を兼ね備えた伝説のコミックスだ。

 まだ何者でもなく、何者にでもなれると感じる、「10代の一瞬間(=全能感)」の謳歌、挫折、そして再生、剥き出しのナイフのような激しい心と心のぶつかり合いを描き切った同作が、来秋、遂に実写映画化されることが決定した。

「実写映像化できない様な漫画にしようと思って描いていたので、なんとも色々ドキドキが止まりません!! 山戸監督を信じて、お家で正座で待ってます…!! よろしくおねがいします。」ジョージ朝倉

 監督は、2012年のデビューから、少女の過剰な自意識を描いた作品群でミニシアター界をざわつかせてきた、若干26歳の新鋭監督・山戸結希(やまとゆうき)が務める。

「溺れるナイフという漫画が、ずっと大好きでした。田舎の片すみで、何度も何度も読み返し、すべての気持ちを味わわせていただきました。尊敬するジョージ朝倉先生に、映画化して心から良かったなと思っていただけますよう、もちろん俳優さんのファンの方たちにも喜んでいただけますよう、そして10年間、溺れるナイフを大好きで居続けた女の子たちに恥ずかしくない映画を撮れますよう、精一杯力を尽くさせていただきます。」山戸結希

あの頃、2人でいれば無敵だと思ってた。ただ光を発する方へと突き進んでた。

東京で雑誌モデルをしていた美少女・望月夏芽(もちづきなつめ)は、ある日突然父の故郷である浮雲町(うきぐもちょう)に引っ越すことになる。東京から遠く離れた田舎町には刺激がなく、自分が欲する「何か」から遠ざかってしまったと落ち込む夏芽だったが、その土地一帯を取り仕切る神主一族の末裔で跡取りである長谷川航一朗(はせがわこういちろう:コウ)に出会い、強烈に惹かれていく。意地悪で気まぐれでエキセントリックな彼に反発しつつも、彼の発光するような神々しさに心を奪われ、いつか「コウちゃん」は「わたしの神さん」だと思うようになる。コウもまた、田舎では類を見ない夏芽の美しさに自分と同種の力を感じ、「コウちゃんの世界構築の参謀になる」という夏芽を受け入れる。夏芽はカリスマ少女モデルとして名前が売れ始め、2人は「世界征服できそうな」ほどの絶頂期を迎えるのだが―。

■映画「溺れるナイフ」
公開日:2016年秋
監督:山戸結希
脚本:井土紀州/山戸結希
製作:依田巽
企画:小竹里美/瀬戸麻理子
プロデューサー:朴木浩美
COプロデューサー:永田博康
原作:ジョージ朝倉『溺れるナイフ』
製作:「溺れるナイフ」製作委員会
企画/製作幹事/配給:ギャガ
企画協力/制作プロダクション:松竹撮影所

(C)ジョージ朝倉/講談社

■『溺れるナイフ』17巻
著:ジョージ朝倉
価格:463円(税込)
発売日:2014年2月13日
出版社:講談社

ジョージ朝倉
5月11日生まれ。東京都出身。女性。1995年、『別冊フレンド』掲載の『パンキー・ケーキ・ジャンキー』でデビュー。2005年、『恋文日和』で第29回講談社漫画賞少女部門を受賞。同作は2004年に映画化、2014年にドラマ化された。また、2008年11月には『平凡ポンチ』、2015年9月には『ピース オブ ケイク』も映画化されている。現在、『ビッグコミックスピリッツ』にて『ダンス・ダンス・ダンスール』を連載中。