『水曜どうでしょう』嬉野D、TVディレクターになったのは間違いだった!?

文芸・カルチャー

2015/10/17

 放送開始から20年近く経った今もなお多くの藩士(ファン)に愛される『水曜どうでしょう』。この伝説的番組を支えてきたTVディレクター、嬉野雅道氏による初エッセイが上梓された。タイトルは『ひらあやまり』(KADOKAWA)、表紙を開くとバッチリきめたカラーグラビア。一見おちゃらけた内容かと思いきや、読み進めて飛び込んで... 続きを読む