救いすら感じる? 湊かなえが描く幼児誘拐ミステリーに魅せられる

文芸・カルチャー

2015/11/6

『境遇』(湊かなえ/双葉社)  人と人とをつなぐものは、寂しさなのだろう。泣きながら生まれた私たちは、孤独を紛らわそうと、必死で誰かとつながろうとする。誰かに寄り添わなくてはとても生きられない。だが、人に近づいても、時に虚しさに襲われることがある。突きつけられるのは、家族だろうが、親友だろうが、所詮は他人という事実。... 続きを読む