「手つかずの自然」など、もはや幻想でしかない――京都大学出身の現役猟師が綴る日本の自然

社会

2015/11/9

『けもの道の歩き方 猟師が見つめる日本の自然』(千松信也/リトルモア)  日本の野山の自然は美しいし、そこに生きる動物たちは可愛らしい。野生の植物・動物たちは、きちんと保護されるべきだ。  ……というような考え方は、日本の都会に暮らす多くの人たちが無自覚に共有しているのではないだろうか。『けもの道の歩き方 猟師が見つ... 続きを読む