超人気店「ミアズブレッド」の店主直伝! 基本のパン生地からフライパンで作るパンレシピまで

食・料理

2015/11/15


 全国から訪れる人が後を絶たない、奈良の超人気パン屋さん「MIA’S BREAD(ミアズブレッド)」。店主・森田三和直伝の、パン好きによるパン好きのためのパン作りレシピ本『毎日食べたくなる! ミアズブレッドのパンレシピ』が2015年11月6日(金)に発売された。

 同書でまず学ぶのは、2種類の基本のパン生地。その生地をベースに、材料の配合、パンの形、そしてチョコレートやチーズ、レーズンなどの多彩な副材料を、ベストな分量とタイミングで加えることで、無限のパンの種類とバリエーションが生まれる。


 はじめてパンをつくる人でも成功できるよう、基本の手順はプロセス写真を掲載。さらに、野菜嫌いの子どもたちがかぶりつく野菜たっぷりサンドイッチの作り方や、サンドイッチやパンにあうスープの作り方も紹介している。


1章 「ミアズブレッドのパンの作り方」
ベーシック編とアレンジ編に分けて作り方を紹介。ベーシック編ではドライイーストを使ったレシピと、天然酵母を使ったレシピ。まずはシンプルな生地でおいしい発酵具合、焼き加減を感じよう。アレンジ編ではパンの作り方やアレンジのコツの提案。基本の2種類のパン生地でパンの形や素材の色と組み合わせが可能。パンをおいしくするための工夫が詰まっている。


2章 「BREAD+SOUP+SALAD」
パンにあう、スープとサラダのレシピを紹介。パンとスープは最良の組み合わせ。まずはスープ作りに役立つチキンスープストックの作り方を紹介。さらに、このチキンスープストックをベースにして作る、いろいろなスープとアレンジも。このストックを作っておけば、いつでもパンとスープの組み合わせが楽しめる。


3章 「フライパンでパンを焼く」
オーブンがなくても気軽に作れる、フライパンで作るパンレシピを紹介。フライパンで作るカレーパンやあんパン、シナモンりんごマフィンには、しっとりとした独特のおいしさがある。フィリング(あん)をかえれば、バリエーションはいくらでも生まれる。


4章 「MIA’S SANDWICH」
サンドイッチ&おすすめオープンサンド、トーストのレシピを紹介。野菜がいっぱいのサラダのようなサンドイッチ、BLTAサンド、ひじきサンドイッチ、厚揚げジンジャーサンドイッチ、木綿豆腐を使ったサンドイッチなど。


■『毎日食べたくなる! ミアズブレッドのパンレシピ
著:森田三和
価格:1,500円(+税)
発売日:2015年11月6日(金)
仕様:B5変形判/128ページ
出版社:誠文堂新光社

森田三和(もりた・みわ)
大阪芸術大学デザイン学科卒、グラフィックデザイン、テキスタイルデザイン、雑貨店等の仕事を経て高校生の頃からきまぐれに焼いていたパンに夢中になる。 絵を描くように自分が食べたい味、友だち同士のように互いが引き立てあう素材の組み合わせ、カタチやイメージを作りつづけて1997年に「MIA’S BREAD(ミアズブレッド)」をオープン。著書に『ミアズブレッドのサンドイッチのつくり方』『ミアズブレッドのパンに合う「食べるスープ」のつくり方』『ミアズブレッドのとっておきのサンドイッチのつくり方』、『ミアズブレッドのパンづくりとおいしい食べ方』、『ミアズブレッドのパンとサンドイッチ』など。