原稿用紙一枚から応募可能! “ショートショート作家”の育成を目的とした新しい文学賞設立

文芸・カルチャー

2015/11/25

    (C)「ショートショート大賞」事務局

 短い文章の中に目を見張るようなアイデアやあっと驚く結末があり、すぐ読めるにも関わらず、読後に余韻が残る超短編小説のショートショート。そんな可能性に満ちた文学スタイルの可能性をさらに広げる「ショートショート大賞」がスタートした。

 「ショートショート大賞」とは、単なる“小説家”ではなく、“ショートショート作家”の発掘・育成を目的とした文学賞。大賞と優秀賞を受賞すれば、担当編集者による受賞後のフォローが受けられる。“入選して終わり”といった賞ではなく、本気でプロの“ショートショート作家”を育成することを目的として設立されているのだ。

 最終審査を担当する審査員長には、ショートショート作家の田丸雅智が就任。審査員長を務めるにあたって、田丸からのコメントが届いている。

ショートショートといえば、意外な結末。そう思われる方もいらっしゃるかと思いますが、本当はそれだけに留まるものではありません。ある程度の意外な結末は担保しつつも、結末のみではない世界観のある物語。そして、これまで誰も書いていない、新鮮なアイデアに満ち溢れた物語。それがショートショート本来の醍醐味だと思います。既存の枠を打ちこわし、ショートショートの新たな未来を切り拓いていく。そんな可能性に溢れた作品を読めることを楽しみにしています。田丸雅智

 また、2次審査はショートショートのスペシャリストとして、小説家の井上雅彦・太田忠司・北野勇作が務め、応援団は劇団EXILEの秋山真太郎が務めることに。自身も賞に応募するという秋山からもコメントが届いている。

田丸さんの作品をラジオで朗読させていただいたのが縁で、ショートショート大賞に関わらせていただくことになりました。田丸さんの物語は次から次へと僕を虜(とりこ)にし、ショートショート初心者の僕はすっかり短い文学の世界へといざなわれていました。今回の賞の設立で、また新たな物語に出会えると思うとワクワクが止まりません。短いのに、いや短いからこそ僕たちの想像力を無限大に広げてくれる。あれ。いつのまにか、僕の目の前にも原稿用紙が……。これからが楽しみです。秋山真太郎

 時間のない現代において、小説世界の入口になり、その先に広がる小説界全体の活性化の可能性を秘めているショートショート。原稿用紙1枚からでも応募可能な「ショートショート大賞」からベストセラー作家が誕生するかもしれない。

    (C)「ショートショート大賞」事務局

「ショートショート大賞」
対象:400字詰め原稿用紙換算1枚から20枚までのショートショート。テーマ不問。
応募締切:2016年2月29日(月)18:00まで

<賞金・賞品>
大賞(1作品):副賞30万円、受賞作の頒布、担当編集者による受賞後のフォロー、受賞作を含む書籍の刊行。
優秀賞(最大3作品):副賞:5万円、受賞作の頒布、担当編集者による受賞後のフォロー。

<審査員>
最終審査
田丸雅智(審査員長・ショートショート作家)、キノブックス編集部
2次審査
井上雅彦(作家)、太田忠司(作家)、北野勇作(作家)
1次審査
協力書店員、キノブックス編集部
⇒詳細と応募はコチラから

田丸雅智(たまる まさとも)
1987年、愛媛県生まれ。東京大学工学部、同大学院工学系研究科卒。2011年12月『物語のルミナリエ』に「桜」が掲載され作家デビュー。12年3月には、樹立社ショートショートコンテストで「海酒」が最優秀賞受賞。新世代ショートショート作家の旗手として精力的に活動している。著書に『夢巻』『海色の壜』、『家族スクランブル』、『日替わりオフィス』、児童書に『珍種ハンターウネリン先生』がある。

井上雅彦(いのうえ まさひこ)
1960年、東京都生まれ。81年、「消防車が遅れて」が都筑道夫のショートショートコンテストに入賞、83年「よけいなものが」が星新一ショートショート・コンテスト優秀作を受賞したのを機に、作家デビュー。11冊目の短篇集『四角い魔術師』他、著書多数。97年より、ショートショートを含む短篇小説復権のため、自ら企画・監修したテーマ別書き下ろしアンソロジー『異形コレクション』を刊行し、98年に日本SF大賞特別賞を受賞。現在まで48巻に及ぶ。

太田忠司(おおた ただし)
1959年、名古屋市生まれ。81年、「帰郷」が星新一ショートショート・コンテスト優秀作を受賞。90年、ミステリ長篇『僕の殺人』で本格的な作家デビューを果たす。著作に『月光亭事件』『奇談蒐集家』、『月読』、『セクメト』、『死の天使はドミノを倒す』など。『帰郷』、『星町の物語』『星空博物館』、『伏木商店街の不思議』と4冊のショートショート集も出版している。

北野勇作(きたの ゆうさく)
1962年、兵庫県生まれ。92年、「昔、火星のあった場所」で日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞してデビュー。『かめくん』で日本SF大賞受賞。主な著作に『ヒトデの星』『社員たち』、『どろんころんど』、『かめくん』『きつねのつき』、『かめくんのこと』など。新作落語の会<ハナシをノベル>では、ノベラーズの一員として新作落語を書く。田中啓文との朗読ユニット<暗闇朗読隊>として、定期的にライブを行っている。