セックスを経て屈折する人生のベクトル―性を描いてきた作家が、生を重厚に描くということ〈草凪 優インタビュー〉

文芸・カルチャー

2015/11/27

『黒闇』(草凪 優/実業之日本社)  セックスにおけるオーガズムは「昇天」と形容されることがある。天高く舞い昇ってしまうほどの快感。しかし草凪優氏の『黒闇』(草凪 優/実業之日本社)で描かれるオーガズムは、死を思わせる。命を燃やしながら底なしの沼に沈んでいき、自身が彼岸にいるのか此岸にいるのかもわからなくなるほどの快... 続きを読む