お出迎えに添い寝… ”預かりネコ”との共同生活はメロメロの連続!

コミックエッセイ

2015/12/10

 
 人気イラストレーター・たかぎなおこさんの気ままな一人暮らしをつづり、人気を博した「ひとりぐらし」シリーズ。そちらの最新刊『ひとりぐらしも何年め?』(たかぎなおこ/KADOKAWA)が、先日発売されました。

ひとりぐらしも5年め』『ひとりぐらしも9年め』に続く本作も、日常生活の中でさまざまな事にチャレンジするたかぎさん自身の姿が、過去の思い出などを交えコミカルに描かれており、誰もがほっこりと癒されてしまう作品に仕上がっています。

 
 その中でも、もっふもふのスコティッシュフォールド「ココにゃん」と、スレンダーでキリっとした印象なのに人懐っこい「モモタ」が登場する「預かりネコぐらし」のページは、たかぎさんとの共同生活の中でそれぞれ親好を深めていく2匹の様子がとっても愛らしく、ネコ好きな方は心をくすぐられる内容となっています。同時に、それぞれのネコに夢中になってしまい、ついつい仕事がおろそかになってしまうたかぎさんに共感を覚えるのではないでしょうか。
 

預かりネコぐらし 〜ココにゃん編〜

 最初に登場するのは、飼い主が留守の間、著者の家に預けられた「ココにゃん」。
 

▲ な、なかなかの貫禄・・・! 部屋の中でごろんと寝転ぶ姿はふてぶてしくも憎めない!

 

▲ 打って変わってこの愛想の良さ!

 
 当初は構いすぎてうざがられてしまったたかぎさんですが、時間がたつにつれ、しだいにコミュニケーションがとれる様になり、まんまとめろめろにされてしまうのです。しかしココにゃんとの幸せな共同生活もつかの間。数日後飼い主のもとに帰ってしまいます…。

 

▼ちなみにたかぎさんのツイッターにも動画で登場しています!

 

ココにゃんとの幸せ共同生活が忘れられないたかぎさんの元に、再び預かりネコが…。

  

預かりネコぐらし 〜モモタ編〜

 つづいて登場するのは、飼い主が出張の為預けられる事になった『モモタ』。
 

▲ 先ほど登場したココにゃんとは違い、人懐っこくてとっても好奇心旺盛。

 

▲ 寝ているたかぎさんの布団にもぐり込むというサービスっぷり!

 
 そんなモモタにあっさりめろめろにされ、一緒に遊ぶ日々をすごす著者ですが、またもや別れはやって来てしまうのです。

  

▼こちらもツイッターに写真が掲載されています。本編にも登場するモモタハウス!


 


 
 いかがでしたか?エピソードの終わりには、それぞれココにゃんとモモタの写真が掲載されてます。そちらも2匹の魅力が満載のページとなっていますので、ネコ好きな方は是非チェックしてくださいね。

 

ひとりぐらしも何年め?

ひとりぐらしも何年め?

たかぎ なおこ/KADOKAWA

上京してから18年め、今の部屋に引っ越してから10年め、たかぎなおこのひとりぐらし歴も長くなってまいりました。40代にも突入して若くなくなってきたなぁと思う一方で、まだまだ新しいことにチャレンジしたいという気持ちもあったり…。そんな最近の日常生活をつづりました。