AKB48・島崎遥香「実はまだインタビューページは見れてない」―ぱるるの全てが明らかに

エンタメ

2015/12/4

 可愛さとファッションセンスで、AKB48の中でも女子からの人気が非常に高い“ぱるる”こと島崎遥香。2009年9月、「AKB48 第六回研究生(9期生)オーディション」に合格し、AKB48の仲間入りを果たした島崎。研究生から正規メンバーに昇格後は、着々とグループ内での存在感を高めていき、今ではAKB48の中心メンバーの1人である。

 2015年11月20日(金)に、自身初となるファッションフォトブック『ParU』(主婦と生活社)を発売。2015年11月28日(土)には、福家書店・新宿サブナード店にて、女子限定握手会が開催され、約1500人が参加した。福家書店で女性だけのイベントにも関わらずこれほどまで申し込みがあったのは、極めてまれなことだという。

 “私服本を出したい”とトークアプリ755にてつぶやいたところ、秋元康氏に伝わり、実現したという本書。念願が叶った心境を、島崎は「本当にフォトブックを出すのが夢でもあったので、やっと出せてすごく嬉しいです。自分の宝物になるくらい良い本になったと思います」とコメント。


◆ぱるるのクローゼット全公開!

 ファッションページ「私服パラダイス」では、なんと全てが島崎の私服! 自宅からおよそラック10個分の洋服やカバン、靴などが運びこまれ、撮影が行われたとのこと。撮影の中でも特に印象に残っているのは、私服を全部広げ、その上に寝転んだカットだそうで、イベント当日にはその際に着ていた、お気に入りのワンピースで登場。「派手めな洋服が好きですね。特に赤とピンクの組み合わせが好き!」とお気に入りポイントを伝えた。

 また、「今までファンの皆さんに私服を披露する機会ってあまりなかったんですよ。大体がステージ衣装だったりするので…」と語り、「ファンの皆さんから“私服を見たい”と言ってもらうことが増えてから、より私服の本を出したいって思うようになりましたね」と思いを明らかにしてくれた。

『島崎遥香 ParU』(主婦と生活社刊)

◆私服だけじゃない! ぱるるの私物&好きなものが盛りだくさん

 表紙でも披露しているパジャマ姿だが、こちらのパジャマももちろん島崎の私物。「ファッションフォトブックだから、パジャマよりも私服の方がよかったのかな(笑)」と振り返ったが、ファンにとっては普段見られない姿を見ることができて嬉しいのではないだろうか。他にも、ベッドルームを再現していたり、愛用品を紹介していたりと、島崎の日常の一部を垣間見ることができる。

 本書では、おしゃれ以外の好きなものや心を満たすものも公開。犬やかき氷、ケーキ、子ども、音楽、映画、本など…。特にお気に入りだという犬と写っているカットは、「我ながらいい表情しているなって思いました(笑)普段見せない顔で笑っていると思います」と出来をアピールした。

 また、本は小説からマンガ、絵本などどんなものでも読むという島崎。最近読んでいる本を尋ねてみると、「秋元先生が書いた、『象の背中』を読んでいます」と答え、「まったく読まない時期もあるんですが、今はちょうど本を読みたい時期ですね」と教えてくれた。

『島崎遥香 ParU』(主婦と生活社刊)

『島崎遥香 ParU』(主婦と生活社刊)

◆内面をさらけ出したインタビュー

 「実は恥ずかしくてまだインタビューページは見れてないんです(笑)」と明かしてくれた島崎。インタビューページでは、島崎が思う“かわいい”とは? から、今までとこれからについて、メンバーのこと、恋愛についてなど、普段どんなことに思いを巡らせながら過ごしているのかがたっぷりと書かれている。また、インタビューページだけでなく、本書のいたる所に島崎の言葉がちりばめられている。島崎のファッションや表情だけでなく、“言葉”にも注目していただきたい。

 最後に次はどんな本を出したいか? と尋ねると、「次もファッション系がいいですね。今回は私服がメインでしたが、今度は逆に作りこんだ感じにしてみたいですね」と語ってくれた。また新たな“島崎遥香”を見せてくれるのを期待したい。

『ar』12月号(主婦と生活社刊)

 現在発売中の『ar』12月号では初表紙を飾っている島崎。『ParU』とはまた違った、おフェロメイクで色っぽい姿を披露している。12月12日には次号が発売されてしまうので、まだチェックしていない人は、すぐにチェック!

■『島崎遥香 ParU
主婦と生活社編
定価:本体1200円+税
総ページ数:124ページ
発売日:2015年11月20日(金)
出版社:主婦と生活社

■『ar』12月号
特別定価:620円
発売日:2015年11月12日(木)
出版社:主婦と生活社
⇒『ar』公式サイトはこちら