【モデルは「フリッパーズ・ギター」】 未来は、いくらだって変えられる ー2016年に向けて元気が出る小説『ドルフィン・ソングを救え!』

文芸・カルチャー

2015/12/4

『ドルフィン・ソングを救え!』(樋口毅宏/マガジンハウス) 45歳、独身、女、フリーター。憂さ晴らしはネットを覗いて勝者を嘲笑うこと。そんな冴えないヒロインが、過去に戻ってもう一度人生をやり直す。樋口毅宏の『ドルフィン・ソングを救え!』(マガジンハウス)は誰もが一度は憧れるリ・ライフの物語だ。 「タイムスリップものを... 続きを読む