殺人探偵・綾辻行人VS妖術師・京極夏彦―『文豪ストレイドッグス』スピンオフ小説がついに刊行決定!

文芸・カルチャー

2015/12/4

※本作イメージ画像 「小説屋 sari-sari」での連載扉より

 累計180万部を突破し、アニメ化も決定した異能バトルアクションコミック『文豪ストレイドッグス』。そのスピンオフ作品として、『小説屋sari-sari』10月号より連載が開始されたのが、綾辻行人・京極夏彦・辻村深月の3人の現役作家が登場する「文豪ストレイドッグス 外伝」。執筆は、コミック原作者の朝霧カフカ、イラストはコミック作者の春河35が担当して話題を呼んでいる。

 そして遂に2016年1月30日(土)、スピンオフ小説『文豪ストレイドッグス外伝 綾辻行人VS.京極夏彦』「文豪ストレイドッグス 外伝」が発売されることが決定した。殺人探偵・綾辻行人と妖術師・京極夏彦。2人の知と力を尽くした死闘が、いま幕を開ける。

綾辻行人
「今これから訪れるものが、貴様の死だ。よく味わえ。」
能力名:「Another」
殺人事件の犯人を見抜くと、犯人が必ず事故死する。

京極夏彦
「君では儂に勝てんよ、殺人探偵。永遠にな。」
能力名:「憑き物落とし」
“憑き物”を与え、対象の精神を変調させる。

辻村深月
「綾辻先生、無断で事件の“解決”を行ってはならないと、何度注意すれば判るんですか!」
能力名:「きのうの影踏み」
“影の仔”と呼ばれる、奇妙な生命を操る。

 さらに、2015年12月29日(火)には、コミックス『文豪ストレイドッグス』最新9巻も発売される。横浜壊滅秒読み!? 敦vs芥川vsフィッツジェラルド、最終決戦!

『文豪ストレイドッグス外伝 綾辻行人VS.京極夏彦』
著:朝霧カフカ
イラスト:春河35
価格:1,000円(+税)
発売日:2016年1月30日(土)※電子書籍も同時発売
発行:KADOKAWA

綾辻行人は、殺人事件の真相を見抜くと犯人が必ず事故死するという異能「Another」を持ち、“殺人探偵”と呼ばれている。危険異能者を管理する、異能特務課の新人エージェントである辻村深月は、綾辻の監視任務につくが、頭脳明晰で口が悪い綾辻に翻弄されてばかりいた。そんなある日、政府の依頼で綾辻と辻村はある奇怪な殺人事件を解決する。だがそれは、綾辻の永遠の宿敵であり、大犯罪人である怪人・京極夏彦との命懸けの勝負の始まりに過ぎなかった――。

■『文豪ストレイドッグス』9巻
原作:朝霧カフカ
漫画:春河35
価格:580円(+税)
発売日:2015年12月29日(火)
発行:KADOKAWA
⇒『文豪ストレイドッグス』公式サイト

横浜の街に白鯨が落ちるタイムリミットが迫る中、敦は仇敵・芥川と船内で遭遇! フィッツジェラルドとの三つ巴の戦闘に突入する。強大なフィッツの異能を前に、白鯨落としを阻止したい敦と芥川が取った行動とは…!?