「クックパッド殿堂入り」レシピが献立を救う! 累計1億PV超”せつぶんひじき”のレシピがついに書籍化!【3品作ってみた】

食・料理

2015/12/9


『せつぶんひじきのきょうもおいしいね。』(せつぶんひじき/主婦と生活社発行)

 料理を作るのに、一度はお世話になったことがあるであろう“クックパッド”。個人的にもこのサイトのおかげで、何度献立が救われたことか。そんなクックパッドの中でも、累計1億PVを超え、超人気ユーザーである“せつぶんひじきさん”のレシピがついに書籍化されました。『せつぶんひじきのきょうもおいしいね。』(せつぶんひじき/主婦と生活社発行)では、クックパッド内で殿堂入りしたレシピをはじめ、未発表のレシピまで全105品が収録されています。せつぶんさんのレシピの特徴は、どれも簡単に作れるけれど、どこかひと工夫されていること。新感覚の味になったり、本格的な味になったりで、どんな味になるのか、作る側も楽しみになります。今回はこの中から、クックパッド内で人気が高かった3品を実際に作ってみました。

青じそたっぷり 豚肉のみそ炒め(P.17)


 ボウルに豚肉、酒、しょうゆを入れてもみ込み、片栗粉を加えて全体をなじませます。サラダ油を熱したフライパンに、豚肉を広げながら焼き色がつくまで炒めます。そこに、みそ、酒、みりんを混ぜ合わせたものを加えて炒め、仕上げに青じそを加えて混ぜれば完成。

 こちらはせつぶんさん超おすすめレシピの1つで、殿堂入りした1品です。豚肉のみそ炒めであればよくありそうなレシピですが、そこにたっぷりの青じそをそのまま入れて炒めることで、青じそがアクセントとなり、全体の味をぎゅっと引き締めてくれました。しかも、全部で10分もかからないうちにできてしまう、簡単スピードメニューです。かなりご飯が進む味付けなので、食べ過ぎ注意です。

ひき肉と大根のナンプラースープ(P.34)


 ごま油を熱した鍋でしょうがを炒め、ひき肉、大根を加えて炒めます。さらに、酒、水、ナンプラー、しょうゆ、塩を加え、ふたをして15分ほど煮ます。器に盛り、万能ねぎ、粗びきこしょうをふれば完成。

こちらはせつぶんさんが大好きというエスニック料理のひとつで、つくれぽでも大人気だったようです。通常スープを作る際には、だしからとったりしますが、ここでは魚のエキスたっぷりのナンプラーを使うことで、簡単に味付けができる上に、味わいも深くなります。そんなスープがしっかり染みて、ホクホクした大根の食感が美味しく、たっぷりのしょうがが入っているので、体がホカホカになりますよ。まさに、これからの季節にぴったりです。

ほくほくれんこんご飯(P.82)


 鍋に、米、水、和風だしの素、酒、薄口しょうゆを加えてひと混ぜしたら、水にさらしておいたれんこんをのせます。ふたをして、弱火で10分煮て、その後火を止めて10分蒸らせば完成。

 こちらはこれだけでおなかがいっぱいになる、満足ご飯レシピのひとつで、これもつくれぽ人気が高かったものです。炊き込みご飯であれば一般的によく使われるれんこんですが、今回の具材はれんこんだけという、またちょっと他にはないご飯です。個人的に鍋で初めてご飯を炊いたので、上手くできるか不安だったのですが、作ってみると想像以上に簡単で、しかももちもちごはん&ほくほくれんこんのご飯ができて、ちょっぴり感動。かなりシンプルな味付けだからこそ、れんこんと米の甘みがじっくり味わえて、ゆっくり噛み締めたくなる1品でした。

一般の主婦だからこそ身近に感じる味があります
 クックパッドの人気の秘密として、一般の方が作るレシピが紹介されているという点があると思います。もちろん、料理専門家のレシピもとっても参考になるし、ぐっと本格的な味になったりするのでそれはそれで人気だと思います、しかし、クックパッドのような、自分に近い一般の方が作る家庭の味には、また専門家とは違った、近所のおばちゃんのような親しみやすさを感じられ、ちょっと作ってみようかなという気持ちにさせてくれるような気がします。せつぶんさんのレシピにも新しい発見がありながらも、そんな親しみやすさがあるので、きっと今日の献立から役立ちますよ。

文=JUNKO