斎藤工&窪田正孝主演ドラマ『臨床犯罪学者 火村英生の推理』は大ヒットの予感!? 「火村先生の唇をなぞるくせは、是非とも再現していただきたい」

エンタメ

公開日:2015/12/18


 2016年1月よりスタートするTVドラマ「臨床犯罪学者 火村英生の推理」に、長谷川京子の出演が決定した。これで主演の斎藤工&窪田正孝を含む、主要キャストが出揃った。原作が人気推理小説シリーズなだけに、「見逃がせない」「原作読み直さないと」など、ドラマに対するファンの思いもとても強い。

 1989年に『月光ゲーム Yの悲劇’88』で作家デビューした有栖川有栖。この作品は、英都大学推理小説研究会が夏合宿のためにやってきたキャンプ場が、矢吹山噴火のため陸の孤島と化し、そこで殺人事件が次々に起こる推理小説だ。同年の「このミステリーがすごい!」第17位に輝いた同作で始まったのが「学生アリスシリーズ」。そう、同シリーズには著者と同名の人物・有栖川有栖(以下、アリス)が登場する。

 そして、「学生アリスシリーズ」以外にアリスが登場するのが、『46番目の密室』や『ロシア紅茶の謎』など、長く続く「作家アリスシリーズ」。「火村英生シリーズ」ともいわれるこちらのシリーズが1月よりTVドラマ化される。

 「臨床犯罪学者 火村英生の推理」というタイトルで始まる、日本テレビ系1月期のTVドラマ。火村英生は、高身長・マッチョ・イケメンと三拍子揃った斎藤工、アリスにはTVドラマ「デスノート」で主演・夜神月を演じた窪田正孝が演じる。お互いについて、「“今”の彼と組むことで生まれる化学反応をしっかりと作品に宿したい(斎藤)」「相方のような形でご一緒させていただくのは初めてなのでワクワクしています(窪田)」と、どちらも本格的な共演に喜びを感じているようす。

 ほか、“コマチ”という愛称の刑事・小野希を演じる優香は「刑事役は初めてなので、活発で冷静なコマチを活き活きと演じられたらと思います」、警部・鍋島久志役の生瀬勝久は「自分のネイティブである関西弁を活かせるということと、意外にも今まで鍋島警部みたいな武骨な体育会系のキャラクターを演じていないので、とても楽しみにしています」とコメント。さらに、12月8日(火)に発表された、世の中を震撼させる犯罪組織「シャングリラ十字軍」のカリスマ指導者・諸星沙奈江を演じる長谷川京子は、「犯罪組織の首謀者という、今までなかった役をいただき、とても新鮮な気持ち――ある意味、正解がなく、制限のない役柄なので、自分の価値観や先入観にとらわれず、広く考えて役作りをしていきたいです」と頼もしく語った。

 また、長谷川はInstagramでも、「臨床犯罪学者 火村英生の推理」出演を告知。「check it out!!」というかわいらしいコメントと共に貼られた、自身の美しい写真の投稿には、「おめでとー」「絶対check it outします」「京子さんのことが昔から大大大好きなので楽しみにしています」「変わらぬ美しさ」「マイコーみたい」など、歓喜や祝福のコメントがフォロワーから届いている。

 TVドラマ全体に対しても、「再読するかー!」「なんやてえええ!」「作家と学生のどっちかなと思っていたけど、やっぱり作家のほうだったか」「原作の風味が出るといいな」「マジですか! でも、窪田正孝出るなら大丈夫か」「キャストも文句ないよ!」「窪田くんのうまい具合にかわいくダメな感じは、作家アリスとしていい感じ」「テンション跳ね上がりすぎて、鼻血出るかと思った」「火村先生の唇をなぞるくせは、是非とも再現していただきたい」など、原作ファンから期待を寄せる声が上がっている。

 原作者・有栖川有栖も「火村英生と有栖川有栖が小説から抜け出し、彼らの<推理の冒険>をドラマでご覧いただけるのは原作者として喜びです。面倒くさいところも多々ある二人ですが、斎藤工さん、窪田正孝さん、どうかよろしくお願いします」という言葉をよせた。また、斎藤や窪田ほか、山本美月、マキタスポーツ、夏木マリなどの出演も決定している。原作が20年以上続くシリーズであるだけに、どの部分が切り取られるのか気になるが、1作ごとでも充分に楽しめるので、ドラマ開始前に読んでみるといいだろう。

ドラマ「臨床犯罪学者 火村英生の推理」
原作:有栖川有栖
演出:佐久間紀佳 ほか
脚本:マギー/佐藤友治
音楽:井筒昭雄
制作協力:トータルメディアコミュニケーション
製作著作:日本テレビ
⇒「臨床犯罪学者 火村英生の推理」公式サイト


■『鍵の掛かった男
著:有栖川有栖
価格:1,700(+税)
発売日:2015年10月8日(木)
出版社:幻冬舎