出会う人すべてを幸せにする犬―ハワイのセラピー犬“ロキシー”の感動の物語

暮らし

公開日:2016/1/3


 美しい風景と感動のエピソードで綴るヒーリングフォトブック『ロキシー ~奇跡のハワイアンセラピードッグ~』が、2015年12月18日(金)に発売された。著者のスエノブ由美子のガンとの闘病生活、同じく病気を抱えた愛犬ロキシーが病を克服してセラピードッグになるまでの道のりが、ハワイの美しい風景とともに綴られている。


 ハワイ在住の日本人・スエノブは、ハワイに移住してカメラマンのアンドリューと結婚。幸せな生活をおくっていたが、突然がんに侵される。希望も夢も失いかけた時、動物保護センターでロキシーと運命的な出会いを果たした。飼い主に捨てられたロキシーもまた、病気を抱えていた。

 特別なくらい人の痛みのわかるロキシーは、スエノブの長い闘病生活を片時も離れず寄り添い、支えてくれたという。ロキシーとの日々が生きる活力となり、やがて病気を克服。ロキシーも手術を乗り越えて元気に。やがてトレーニングを受け、セラピードッグの道を歩むようになった。


 今では、セラピー犬として日々、病院や老人ホーム、小学校などを訪れて、人々に寄り添い、癒し続けているロキシー。彼女とロキシーの感動の物語と、美しいハワイの自然に溶け込むロキシーの写真を見れば、きっと心が洗われることだろう。



■『ロキシー ~奇跡のハワイアンセラピードッグ~
著:スエノブ由美子
価格:1,404円(税込)
発売日:2015年12月18日(金)
仕様:B5変型版/オールカラー96ページ
発行・発売:ぴあ

スエノブ由美子
1968年生まれ、東京都出身。イルカとフラに魅せられ訪れたハワイで、現在の夫と出会う。2007年に結婚、渡米。2009年に子宮癌であることが判明。同年動物保護センターでロキシーに出会う。ガン克服後、セラピー犬となったロキシーとともに多くの場で活動をおこなう。