イケメンと幽霊がお出迎え!? 不思議な定食屋が織りなす、小さな奇跡の物語『最後の晩ごはん』

文芸・カルチャー

2016/1/6

『最後の晩ごはん 師匠と弟子のオムライス』(椹野道流/角川文庫)  イケメンが働く定食屋でお客さんの悩みを解決していくほっこりお食事小説……と思いきや、店の隅にぽつねんと座る青年幽霊、公園で奇妙な声に導かれて拾った眼鏡は英国紳士姿の付喪神、「え? え? これってどんな話なの?」と思ったときにはもう虜。あったかいごはん... 続きを読む