司馬遼太郎作品新たに200編発掘!ファンからは「書籍化されたら是非購入したい」との声

文芸・カルチャー

2016/1/11

 『梟の城』や『竜馬がゆく』といった歴史小説をはじめ、数々の名作を生み出してきた作家・司馬遼太郎氏のエッセイが、新たに約200編発掘された。その事実を知ったファンは、「新たな作品が刊行されるのでは」と期待を寄せている。  司馬氏は1956年、「第8回 講談倶楽部賞」を受賞した、モンゴルの将軍とその命を狙うペルシャ人と... 続きを読む