百田尚樹 最新作は「最初で最後の恋愛小説」

文芸・カルチャー

2011/12/2

2009年発表の『ボックス!』が第30回吉川英治文学新人賞候補、第6回本屋大賞5位になり、映画化もされた、話題の作家・百田尚樹。彼の最新作が『プリズム』(幻冬舎)だ。 「無謀な挑戦をしてみようかなと。恋愛そのものをメインにして、作家として最初で最後のことを一回やったろって。恋愛100%で書く、僕の一度きりの恋愛小説。... 続きを読む