“岡本太郎本”がいまなお売れ続ける理由

文芸・カルチャー

2011/9/5

岡本太郎の誕生日の2月26日、「TARO100祭」を皮切りに生誕100年記念事業が動き出した。 「生誕100年という機会を“岡本太郎を次の時代に伝える”ために生かすことは、数年前から考えていた」と語るのは岡本太郎記念館館長の平野暁臣さん。 平野さんは太郎のパートナーであった故・岡本敏子の甥でもある。    「没後10... 続きを読む