県庁おもてなし課は実在する 有川浩が語る最新作の秘密

文芸・カルチャー

2011/9/5

高知県出身、ベストセラー小説「図書館戦争」シリーズで知られる有川浩の最新作『県庁おもてなし課』(角川書店)が刊行、新刊インタビューが『ダ・ヴィンチ』5月号に掲載されている。    本書は、フィクションと現実の新しく&面白い関係を模索し続けてきた、著者渾身の意欲作。   観光発展に挑む県職員たちの活躍と成長、そして恋愛... 続きを読む