シリーズ累計93万部突破の大ヒット作『さよならドビュッシー』実写ドラマ化! 特別先行試写会の開催決定

エンタメ

2016/3/2

    (C)NTV

 第8回「このミステリーがすごい!」大賞で大賞を受賞した、シリーズ累計93万部突破の小説『さよならドビュッシー』。同作を原作とした実写ドラマ「さよならドビュッシー ~ピアニスト探偵岬洋介~」が2016年3月18日(金)、「金曜ロードSHOW! 特別ドラマ企画」として放送される。

 そして、3月12日(土)と13日(日)、同ドラマの特別先行試写会の開催が決定。東出昌大、黒島結菜、武田真治、木の実ナナ、菊池桃子、キムラ緑子、北大路欣也ら豪華キャスト陣が集結した作品をどこよりも早く見られるチャンス。応募はツイッターから気軽にすることができる。

    (C)NTV

<「さよならドビュッシー ~ピアニスト探偵岬洋介~」先行試写会実施日程>
日時:2016年3月12日(土)、13日(日) 両日13:00~、16:30~の2回(所要時間 2時間半程度)
場所:都内 ※交通費は自己負担
人数:各25名 ※抽選(当選者には3月4日(金)21:00までにDMが届く)
応募方法:番組公式ツイッター(@sayonaradebussy)をフォロー後、公式ツイッター内の上記試写会ツイートに「参加希望日」と「#さよならドビュッシー試写」をつけてリプライ
締切:2016年3月3日(木)19:00

ドラマ「さよならドビュッシー ~ピアニスト探偵岬洋介~」
原作:中山七里
脚本:寺田敏雄
チーフプロデューサー:伊藤響
プロデューサー:荻野哲弘、大森美孝
演出:菅原伸太郎
キャスト:東出昌大、黒島結菜、武田真治、正名僕蔵、上白石萌歌、木の実ナナ、菊池桃子、キムラ緑子、北大路欣也 ほか
制作協力:AXON
製作著作:日本テレビ
⇒日本テレビ「さよならドビュッシー ~ピアニスト探偵岬洋介~」紹介ページ

【あらすじ】
幼いころからピアノの英才教育を受けてきた真田遥(黒島結菜)は、近所に引っ越してきたピアニストで音楽高校講師の岬洋介(東出昌大)と出会う。その美しい調べに魅了される遥。だが数日後、遥は姉妹のように暮らしていた従姉妹のルシア(上白石萌歌)と祖母(木の実ナナ)を火事で亡くし、自身も大やけどを負ってしまう。
皮膚移植で元の顔を取り戻すが、指は以前のように動かない。さらに祖母が残した遺産を巡って、両親や叔父(武田真治)ら一族に不穏な空気も生まれていた。苦しむ遥に岬は「ピアニストになる覚悟があるのならば、個人レッスンをしてもいい」と申し出る。生前、ルシアと交わした「私のためにドビュッシーの『月の光』を弾いて」という約束を守るため、遥はコンクール出場に向けて血のにじむような努力を始めた。だがそんなとき、遥は何者かに突き飛ばされ、あやうくトラックに轢かれそうになる。間一髪で救ったのは岬だった。さらに数日後、遥の母(菊池桃子)が亡くなってしまう。相次ぐ不審な事件に、とうとう警察も動き出す。岬は、一連の事件を鷹のように鋭い目で見つめ、真実を導き出していた。岬洋介とは一体何者なのか? 遥は無事にコンクールで演奏することができるのか―?


■『さよならドビュッシー
著:中山七里
価格:607円(税込)
発売日:2011年1月12日
出版社:宝島社