生まれたての赤ちゃん猫とヴィジュアル系バンドマンの異色すぎるコンビが話題!

文芸・カルチャー

2016/3/3

 ヴィジュアル系バンドマン煉(れん)の自宅の庭に迷い込んだのは、生後まもない赤ちゃん猫、虎徹(こてつ)。虎徹の保護当時の様子から、現在の虎徹と煉の相思相愛な関係を、愛らしい写真満載で紹介する写真集『煉と虎徹』が、2016年3月23日(水)に発売される。

 2015年8月の深夜、目も開かず、へその緒のついた状態で鳴いているまだ手のひらサイズの赤ちゃん猫を助けるため、煉はTwitterで「お母さんどこ行ったの?どうしようこの子 誰か教えてくれ」とつぶやいた。そのツイートが多くの人に拡散され、生まれたてほやほやの赤ちゃん猫と、ロックなヴィジュアル系バンド男子の異色すぎるコンビが話題に。

 初めてのミルクや目が開く様子もリアルタイムでツイートし、一生懸命育てる煉の元にはたくさんの応援メッセージが届き、Twitterフォロワーは8万人超に! 「虎徹」は雑誌やテレビにも出演を果たした。甘えん坊でヤンチャな虎徹と、愛情深い煉のファンになってしまう人が続出中。同書では、大きく立派に成長中の虎徹の撮り下ろし写真や、煉作の4コママンガも収録している。

■『煉と虎徹
著:THE BLACK SWAN 煉
価格:1,000円(+税)
発売日:2016年3月23日(水)
仕様:A5変形判/80ページ
出版社:河出書房新社

THE BLACK SWAN 煉(れん)
ヴィジュアル系ロックバンド「THE BLACK SWAN」のドラムス。秋田県出身。2015年8月に自宅の庭で生後まもない子猫を保護。外見からは想像のできない献身的な子猫育ての様子がTwitterやテレビで話題となる。
Twitterはこちら

虎徹(こてつ)
茶トラ、♂。へその緒のついた状態でたった一匹で鳴いていたところを煉パパに保護される。ヤンチャで人懐こく、パパのことが大好き。全国のファンに見守られてすくすくと成長中。

※掲載内容は変更になる場合がございます。