今もっともアツいBLコミックはこの作品だ! 「全国書店員が選んだおすすめBLコミック2016」ランキングTOP10発表

BL

2016/3/9


 今、もっともアツい“BL(ボーイズラブ)”コミックはこの作品だ! 2016年3月10日(木)、「全国書店員が選んだおすすめBLコミック2016」のランキング上位10作品が発表され、全国700書店で店頭フェアが開催される。さっそく見事TOP10に輝いた作品を書店員のコメントと共に紹介しよう。

「全国書店員が選んだおすすめBLコミック2016」


1位:『テンカウント』(宝井理人/新書館)
潔癖症を治すために課せられた壁を乗り越えるたびに、2人も距離も近付いていく。近づいたり離れたりの攻防戦にドキドキです!

2位:『エスケープジャーニー』(おげれつたなか/リブレ出版)
チャラい、そしてがっつりエロい。でも男の子同士の深い所までしっかり描かれています。サブキャラの女の子が本当にいい子で本当に泣きます。

3位:『抱かれたい男1位に脅されています。』(桜日梯子/リブレ出版)
抱かれたい男1位と2位がイチャつくもったいない感がたまらないっ! 狩人と子ウサギちゃん的な関係にきゅんきゅんしっぱなしです。

4位:『虎穴ダイニング』(元ハルヒラ/プランタン出版)
他の作品にはないトラ姿の人間?×ホストの恋という設定。お互い気になるけど、好きの言葉が出て来ない、ピュアな恋愛を描いた作品に癒されます。

5位:『四代目・大和辰之』(スカーレット・ベリ子/新書館)
6位:『よるとあさの歌』(はらだ/竹書房)
7位:『春風のエトランゼ』(紀伊カンナ/祥伝社)
8位:『おはようとおやすみとそのあとに』(波真田かもめ/KADOKAWA)
9位:『飴色パラドックス』(夏目イサク/新書館)
10位:『それから、君を考える』(小松/プランタン出版)

 「全国書店員が選んだおすすめコミック」は、“本のプロ”である書店員の目利きで、おすすめのコミックを一般読者に伝えることを目的として2006年にスタート。今年で11回目の開催となる。そこから生まれたスピンオフ企画「全国書店員が選んだおすすめBLコミック」は、近年20代~40代の女性を中心に注目されている「BL(ボーイズラブ)」コミックに特化した企画だ。今年が第2回目の開催となり、465店舗・合計512名の書店員からのアンケート投票の結果、第1位に輝いたのは昨年に引き続き2年連続で『テンカウント』となり、第2位には『エスケープジャーニー』、第3位には『抱かれたい男1位に脅されています。』がランクイン。

 3月10日(木)から全国の書店で開催する店頭フェアでは、オリジナルポスターを書店に提供するほか、一部の入賞作品にはペーパーの特典付き。全国の書店員おすすめのアツい作品を店頭で楽しもう。

「全国書店員が選んだおすすめBLコミック2016」概要
アンケート募集期間:2015年10月7日(水)~11月27日(金)
対象作品:【BL部門】2015年新刊の発売があったBLコミック作品(シリーズ・単品問わず)
店頭フェア開催期間:2016年3月10日(木)~4月30日(土)