万城目学が新作で取り戻したかったものとは?

文芸・カルチャー

2011/9/5

デビュー作『鴨川ホルモー』で京都、『鹿男あをによし』で奈良、そして映画版が5月28日に公開される『プリンセス・トヨトミ』では大阪と、関西の都市を舞台にした小説を描いてきた万城目学さん。    新作『偉大なる、しゅららぼん』では、琵琶湖を舞台に、著者の十八番ともいえる「代々受け継いだ妙な力」がもたらす荒唐無稽なストーリ... 続きを読む