「今後もズッコケシリーズが色褪せる事はありません」児童文学の金字塔『ズッコケ3人組』シリーズ完結に読者・作り手の抱く想いとは

文芸・カルチャー

2016/3/10

 小柄で短気な八谷良平(ハチベエ)、メガネでやせ型・学者タイプの山中正太郎(ハカセ)、体が大きくてのんびり屋の奥田三吉(モーちゃん)の3人が織り成す、那須正幹の児童書シリーズ『ズッコケ三人組』。児童書のパイオニアと言える同シリーズが、2015年12月1日(火)に発売された『ズッコケ熟年三人組』で遂に完結を迎えた。大ベ... 続きを読む