「朝は1分でも時間が惜しい」という人必見!作りおきのワザを研究しつくした楽々380レシピ

食・料理

2016/3/13


 レシピ数は380点と、数ある「作りおき弁当」本の中でも最多となる『朝つめるだけ! 作りおきのお弁当380』が2016年3月7日(月)に発売された。時間のない朝は、冷凍してあるおかずをそのまま入れるだけのお弁当にしませんか?

 「たくさん作りおいて、ずっとおいしく食べ続けたい!」という声に応え、作りおきのお弁当おかず“ならでは”のコツを紹介。たとえば、お弁当に人気のつくねは、えのきをたっぷり入れることで、冷めてもやわらかな食感をキープできる。ボリュームが嬉しいチキンカツは、マヨネーズと卵でコーティングして揚げることで、パサつかずに驚くほどしっとり… などなど。とっても簡単なコツなのに、おいしさの違いは歴然なレシピが満載だ。

 朝は1分でも時間が惜しい! という人のために、凍ったままお弁当につめてもOKのおかずも充実。肉のおかず、魚のおかず、野菜のおかずなど、材料別に分けられているので、探しやすいのも嬉しいポイントだ。

1章:肉のおかず(鶏肉、豚肉、牛肉、ひき肉、加工肉など)
2章:魚のおかず(切り身、青魚、えび、いかなど)
3章:ごはん・パン・麺(混ぜごはん、パスタ、サンドイッチなど)
4章:野菜のおかず(素材べつに44種類の野菜おかず)
5章:卵・大豆製品・豆のおかず
6章:缶詰・乾物のおかず

■『朝つめるだけ! 作りおきのお弁当380
著:舘野鏡子
価格:1,300円(+税)
発売日:2016年3月7日(月)
出版社:新星出版社

舘野鏡子(たての・きょうこ)
家庭料理研究家。音大在学中に「NHKきょうの料理コンクール」に入賞したことがきっかけで料理の道へ。家族と生活の中から生み出される簡単でおいしくて、ひと工夫あるレシピが人気。日々のごはん作りやお弁当作りに「冷凍保存」を積極的に活用中。著書に『手間なしムダなしお弁当おかず』、『かんたん! ラクチン! 冷凍保存の便利レシピ』ほか多数。