目指すは読書家、ではなく“読書家キャラ”!? 読書家だと思われたい読書嫌いの奮闘コメディ

アニメ・マンガ

2016/4/1

『バーナード嬢曰く。』(施川ユウキ/一迅社) 「読書家」というと、“知的”“博識”といった、割と良い印象を持たれやすい。中でも、本当の本好きしか読まなそうな、分厚い、難しい本を読んでいる人を見ると、その人がどんな人か知らなくても少しかっこよく見えたりする。しかし、そういった「読書家」というポジションに憧れてチャレンジ... 続きを読む