直木賞作家・北村薫が酔っぱらい女子の小説を書いた理由

文芸・カルチャー

2011/9/5

直木賞作家・北村薫の最新作「飲めば都」(新潮社)は、酒飲み女子の物語だ。 甘いものが好きで、お酒を飲むと酔っぱらう前に気持ちが悪くなってしまうという北村さん。なぜ、こんな話を書くことになったのだろう。    「もともとは、ある人が帰ったら、家族がバットを持って階段の上に立っていたという話を聞いたんです。なぜかというの... 続きを読む