TVアニメ「文豪ストレイドッグス」放送スタートで興奮状態のファン続出!「…なんだこれは!? 期待以上じゃないかぁ!!!」

マンガ

公開日:2016/4/13


 名だたる文豪がイケメンとなってバトルを繰り広げる、累計250万部を突破したコミック『文豪ストレイドッグス』。兼ねてから待ち焦がれられていたアニメ化となり、遂に2016年4月6日(水)にアニメ第1話が放送されると「何これめっちゃ面白い!」「アニメ化不安だったけど想像をはるかに上回る出来!!」「絵がものすんごい綺麗で驚いた! こりゃ~マンガも読むしかない!!」と大きな反響を呼んでいる。

 同作は『ヤングエース』にて現在連載中の、朝霧カフカ原作、春河35が作画を担当する超人気コミック。孤児院を追い出され、野垂れ死にしかけていた青年・中島敦が、風変わりな男・太宰治と遭遇したことをきっかけに異能力集団「武装探偵社」に所属することになる。そこから巷で恐れられるポートマフィアとの対決や、別の異能力集団・ギルドとの争いが巻き起こっていくという物語。

 爆発的人気を誇っている同作だが、特筆すべきはキャラクターの面白さ。自殺嗜好のある男・太宰治は、触れた異能を無効にすることのできる“人間失格”という異能を操り、神経質そうなメガネの男・国木田独歩は、手帳に書き込んだものを形あるものとして出現させることが出来る“独歩吟客”を操る。他にも江戸川乱歩や、谷崎潤一郎といった文豪の特徴を捉えたキャラクターが登場し“いかにも”操りそうな能力を発揮して戦う。このユニークな設定に対しては「ありそうでなかった設定が斬新で面白い!」「純文学好きにはたまらん設定」「小説とかあんま知らないけど、キャラがめちゃくちゃカッコイイ!」と、好評を博している。

 そんな『文豪ストレイドッグス』のアニメ化が発表されたのが2015年8月のこと。スタッフは 「桜蘭高校ホスト部」「STAR DRIVER 輝きのタクト」などで知られる五十嵐卓哉監督に榎戸洋司のシリーズ構成、そして制作会社・ボンズという豪華なスタッフ陣!「ボンズなら間違いない!」「五十嵐卓哉監督とボンズの組み合わせとか…見るしかないでしょ!」と期待の声が多数上がっていた。

 さらにその翌月、主要キャストの発表が行われると原作ファンのボルテージは最高潮に。主人公の中島敦役は、人気ゲーム「神々の悪戯」で戸塚月人役を務めた上村祐翔。他にも太宰治役を宮野真守、国木田独歩役を細谷佳正が務めることが決定。いま声優界で最も注目を集めるメンバー達が揃い「キャストまでこんなに豪華でいいんですか!?」「やばい超楽しみになってきた!」「久しぶりにワクワクが止まりません!!」と興奮状態に陥る人が続出。

 そしてとうとう2016年4月6日(水)にアニメ第1話「人生万事塞翁が虎」の放送を迎えた。中島敦が自殺マニアの太宰治に出会い、異能力集団「武装探偵社」の一員として一緒に仕事を始めるという物語の始まりが描かれたのだが、美しいアニメーションと実力派揃いの声優陣の熱演を目の当たりにした原作ファンは「…なんだこれは!? 期待以上じゃないかぁ!!!」「ちょっと心配してたけど最高すぎます! マンガも好きだけどアニメの文ストも大好き!」「私には分かる。これは稀に見る名作である!」と興奮気味。

 この出来に原作者の朝霧カフカも、自身のTwitterで「はァ-!!! すげえ! すごすぎるぞアニメ!!! 監督、スタッフのみなさん、本当にありがとうございました!!!!!」と、製作陣に感謝を表しつつ大興奮。さらにコミックで作画を担当している春河35も同じくTwitterで「アニメ一話家族みんなで見ました こんな遅い時間ですがご視聴くださった方有難う御座います ボンズさん本当に有難う御座います そしてこれからご覧になるご予定の方 どうぞ宜しくお願い致します」と、驚くほど謙虚な感謝の言葉で喜びを伝えた。

 コミックスに続きアニメも大好評を博している『文豪ストレイドッグス』。「毎週の文ストの放送を楽しみに仕事頑張る!」といった声が上がるように、既に視聴者の活力になっているようだ。今後どのような展開になっていくのか、原作とストーリーに違いがあるのかなど興味は尽きない。

アニメ「文豪ストレイドッグス」
原作:朝霧カフカ
漫画:春河35
キャスト:上村祐翔、宮野真守、細谷佳正 ほか
監督:五十嵐卓哉
シリーズ構成・脚本:榎戸洋司
アニメーション制作:ボンズ
製作:文豪ストレイドッグス製作委員会
⇒アニメ「文豪ストレイドッグス」公式サイト

img01

■『文豪ストレイドッグス』9巻
原作:朝霧カフカ
漫画:春河35
価格:626円(税込)
発売日:2015年12月26日
出版社:KADOKAWA