鈴木杏が書店で膝を抱えそうになるくらい痺れる本とは?

芸能

2011/9/5

「もう、タイトルからメインディッシュですよね、江國さんの本って。ちょっと書店で膝を抱えちゃいそうになるくらい痺れます」    「小学4年生のときからずっとファン」という女優の鈴木杏さんが選んだ本は、江國香織の『抱擁、あるいはライスには塩を』(集英社)。柳島家という一家の、3代にわたる家族の物語だ。    「江國さんは... 続きを読む