「どちらが探偵さん?」「両方です」―ダブル探偵の共演が楽しいキャラミステリー

文芸・カルチャー

2016/5/6

『ノッキンオン・ロックドドア』(青崎有吾/徳間書店) もしあなたがキャラクター重視のミステリー小説、いわゆる「キャラミス」の愛読者ならこの作品を見逃す手はない。 青崎有吾の新作『ノッキンオン・ロックドドア』(徳間書店)は、タイプの異なる名探偵2人の活躍を楽しめる要注目のキャラミス作品だ。 インターホンもドアチャイムも... 続きを読む